妊娠中 妊娠初期

妊娠中歯科検診って行かないとだめですか?その理由を教えて

2020年10月29日

歯科検診って行かないとだめですか?


妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなどで歯周病などになりやすいです。歯周病になると切迫早産(赤ちゃんが早めに産まれてしまう)や低出生体重児(赤ちゃんが小さく産まれてしまう)のリスクが上がります。つわりが落ち着いた頃に歯科検診に行くことで、口の中の状態を確認するきっかけになります。できるだけ受診しましょう。

妊娠中の口腔内のトラブルが起こりやすい理由

妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなどで歯周病などになりやすいと言われています。具体的に、
・ホルモンバランスの乱れによって歯肉炎になりやすい
・唾液の質がかわることによって菌が繁殖しやすくなる
・つわりによって歯磨きがしづらくなる
・つわりや胃酸の逆流によって口腔内が酸性にかたむくことで、虫歯ができやすい
・食事回数が増える、不規則になる
などの理由があります。

妊娠中は普段と同じように歯磨きをしていても、知らず知らずのうちに虫歯になったり歯周病などのトラブルになりやすかったりするんですね・・・。トラブルになってしまってからでは、何度も通って治療をすることになってしまい、かえってストレスになってしまいます。おうちでの丁寧な歯のケアをしながらも、一度歯科検診に行って見てもらうようにしましょう。

歯科検診に行く時期

歯科検診に行くのに一番良い時期は妊娠中期(16~27週)でしょう。
それは一般的につわりがおさまり、体調が比較的安定しているためです。もし歯科検診で治療が必要だといわれた場合でも、この時期は通常の歯科治療やレントゲン撮影をして治療できるので安心です。
妊娠初期(~15週)、妊娠後期(28週~)はおかあさんの体調面を考えて、応急処置程度にしておいた方がいいです。
妊娠中期とはいっても、体調は日によってかわるのでそのときのご自身の体調と相談しながら決めるようにしてくださいね。

歯科検診にいくときは

体調の良いときに歯科検診に行くようにしましょう。
母子手帳をもっていき、妊娠中であることを伝え、具合が悪くなる場合はすぐお医者さんに相談するようにして無理なく検診をうけてください。

最後に

歯のトラブルはおかあさんの産前~産後の健康のためだけでなく、大切なお腹のなかの赤ちゃんにも影響してきます。
トラブルになる前に、そして産後すぐはなかなか歯医者さんにいけないことがあるので、そのときの歯の状態に問題がなくても一度検診を受けることをおすすめします。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

ユーザーの皆様より「他の抱っこ紐では泣いていたのにキューズベリーだと赤ちゃんが楽そうで喜んでいる」などの嬉しいお声を多数いただいております。

以下の「CLICK NOW」ボタンを押して、ぜひキューズベリーの抱っこ紐を一度ご確認ください!

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

  • この記事を書いた人

6児ママよっちゃん

ハグヨガインストラクター養成講座ハグアンバサダー

6人の子供がいるよっちゃんです。
ほぼワンオペ育児で毎日バタバタ過ごしてます(笑)得意な事は自転車でどこまでも行ける事。子供たちとみんなでご飯を食べてる時間が1日の中で1番好きです。苦手な事は雨降りのお買い物。
ズボラな私でもできる育児術や体験談をお話しして、みなさんのお役に立てると嬉しいです。
一緒に、育児楽しんでいきましょうね♪
著者情報

Instagram

-妊娠中, 妊娠初期