妊娠中 妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期

妊娠中食べてはいけないものはありますか?控えたい食べ物とは

2020年10月28日

妊娠中食べてはいけないものはありますか?


ナマモノは食中毒の危険があるので食べない方が望ましいです。また、マグロなど水を含む魚には注意しましょう。食べ物の種類以外に、保存状態にも注意してください。

妊娠中控えた方が良いもの

妊娠中のおかあさんの食事はお腹の中の赤ちゃんに最も影響しています。
妊娠中はホルモンバランスが崩れることや免疫力の低下から食中毒にかかりやすかったり、ウイルスがお腹の中の赤ちゃんに届いて命の危険にさらされたりするために、十分に気をつけなければなりません。
具体的に妊娠中に食べない方が良いとされている食品について紹介します。

アルコール

アルコールは胎盤を通してお腹の中の赤ちゃんに届きます。
赤ちゃんの成長や発達に影響を与えるためお酒は少量でも控えるようにしましょう。

カフェイン

アルコールと同様、カフェインの多量の摂取は赤ちゃんの成長や発達を妨げます。
一日300mgまでの摂取を目安にしてみてください。コーヒーで1.2杯、緑茶で3.4杯くらいです。他にも紅茶やココアなどにもカフェインは含まれています。最近ではカフェインレスの飲料が多く、表示されているものもよく見かけますので、なるべくカフェインレスのものを選ぶようにしましょう。

ナマモノ

生魚(刺身)・生肉・生卵・ナチュラルチーズなど、食中毒のリスクのあるものは避けたいです。ウイルスや菌に感染してしまうことで赤ちゃんの発達障害、流産や死産にも関わってくるため、注意してください。調理から時間のたっているものを避けたり、なるべく火を通して食べるようにしましょう。

水銀を含む魚類

魚類は良質な栄養素を多く含みますが、なかには食物連鎖のなかで水銀が多く含まれているものがあります。水銀はお腹のなかの赤ちゃんに悪い影響を及ぼすとされています。1週間に半切れ~一切れを目安に食べる量には注意が必要です。水銀を多く含む魚は、マグロ、キンメダイ、メカジキ、キダイ、マカジキなどです。

ビタミンAを多く含むもの

ビタミンAは必要な栄養素ですが、妊娠初期に摂りすぎることはお腹の赤ちゃんにとってあまりよくありません。レバーやうなぎなどの摂取は控えめにしましょう。

その他

他にも食べてはいけないものではありませんが、食べすぎには注意してほしいものがあります。

・ヒ素やヨウ素多く含むもの・・・ひじきや昆布など
・刺激物・・・辛いものやスパイス類
・レトルト食品
・加工肉・・・ハムやソーセージなど

最後に

食材だけでなく、
・調理法や保存方法に気をつける
・調味料を調節したり、薄味の調理を心がける
・いろいろな食材をバランス良く食べる
・リラックスした状態で食事をする
ことなども大切です。
絶対に食べてはいけない、と神経質になりすぎず、食べない方が良い食材や食べる量を意識しながら楽しい食生活を送ってください。食べたいものを食べることを産後の楽しみに今を乗り越えてくださいね!

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

ユーザーの皆様より「他の抱っこ紐では泣いていたのにキューズベリーだと赤ちゃんが楽そうで喜んでいる」などの嬉しいお声を多数いただいております。

以下の「CLICK NOW」ボタンを押して、ぜひキューズベリーの抱っこ紐を一度ご確認ください!

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

  • この記事を書いた人

6児ママよっちゃん

ハグヨガインストラクター養成講座ハグアンバサダー

6人の子供がいるよっちゃんです。
ほぼワンオペ育児で毎日バタバタ過ごしてます(笑)得意な事は自転車でどこまでも行ける事。子供たちとみんなでご飯を食べてる時間が1日の中で1番好きです。苦手な事は雨降りのお買い物。
ズボラな私でもできる育児術や体験談をお話しして、みなさんのお役に立てると嬉しいです。
一緒に、育児楽しんでいきましょうね♪
著者情報

Instagram

-妊娠中, 妊娠中期, 妊娠初期, 妊娠後期