赤ちゃんのためにできること

いつも眠たい感じがします。疲れているからでしょうか?

いつも眠たい感じがします。疲れているからでしょうか?

妊娠中はホルモンバランスの崩れにより、眠気を感じやすくなります。また貧血があると、疲れやすくなり眠気を感じることも多いです。
妊娠後期に入ると子宮が大きくなり、夜十分に眠れない、胎動が激しい、普段通りに動けず疲労が溜まるなどで日中眠気を感じることがあります。
日中30分くらいの昼寝をするとスッキリするかもしれません。長時間の昼寝は夜眠くなるのでおすすめしません。

なぜ妊娠すると眠くなるの?

妊娠すると夜の眠気に比べられないほど、日中異常な眠気を感じるようになることがあります。
これは、何が原因でしょうか?

ホルモンバランスの影響

妊娠すると“プロゲステロン”というホルモンが分泌されるからです。特に妊娠初期ではホルモンバランスが妊娠前に比べて、急に変化するためです。
“プロゲステロン”というホルモンは妊娠するにあたって欠かせない大切なホルモンですが、同時にこのような強い眠気を感じさせるのです。

貧血による眠気

もうひとつの理由として、妊娠中は鉄分不足が原因で貧血になりやすいといわれています。
妊娠中は栄養が優先的にお腹のなかの赤ちゃんに送られることや、妊娠中は妊娠前よりも栄養を必要とすることがあり、おかあさんの身体は栄養が不足しやすくなっています。
貧血になると血流が悪くなって、十分にからだの中で酸素が運ばれないことで眠気や身体のだるさにつながることになります。
また、逆に睡眠不足が貧血を引き起こすこともあるので十分に睡眠をとるようにして、貧血にならないようにすることも大切ですね。

眠気を感じたときには

このような原因で強い眠気を感じたときにはどのように対処したらいいでしょうか?
おうちにいるときであれば、少し昼寝をすることができますが仕事中はそんなわけにもいかない・・・そんなときにも、少しでも眠気が解消できる方法をおすすめします。

何かを口に入れる

少しスッキリしたガムや飴を食べることで気分転換になったり、何かを口に入れることで目を覚ましたりすることができます。仕事中でもガムや飴なら周りに気付かれないように食べられます。
また炭酸水など少し刺激のあるものを取り入れるのもおすすめですよ。
エナジードリンクやコーヒーは目を覚ます作用がありますが、カフェインだけでなく、刺激物を多く含んでいるためあまりおすすめはできません。

ストレッチをしたり軽く身体を動かしたりする

軽いストレッチをしたり、同じ体勢にならないように少し歩いたりして身体を動かしましょう。血流がよくなって気分転換にもなりますよ。デスクワークの場合も、首や足首を回したり動かしたり、時々お手洗いに立ってリフレッシュするといいですよ。うーんと全身の伸びをしてみましょう。

仮眠をとる

一番いいのは少しの仮眠をとることです。なかなか職場では難しいかもしれませんが、横になれる環境があれば、我慢せず仮眠をとるようにしましょう。30分程度とれるといいのですが、10分だけでも仮眠をとるのととらないのでは違いますよ。1~2時間以上寝てしまうと、夜の睡眠にも影響が出てぐっすり眠れずまた睡眠不足に・・・といった悪影響にもなりますので寝過ぎには注意してくださいね。

夜の睡眠の質をあげる

妊娠によるつわりや体調不良、子宮が大きくなることや胎動が激しくなることで夜ぐっすり眠られないこともでてきます。身体を冷やさないように身体を整えたり、布団や枕などを心地良いものににしたりしながら、眠る環境を整えたりしてみるのもいいですね。
夜、十分に眠っていても日中眠くなることは避けられないこともありますが、質の良い睡眠をとることは、身体にも心にも良いことばかりです。

最後に

妊娠中に眠くなってしまうことは自然なことなので、無理をせず、十分に休息をとるようにしましょう。家事に仕事に大変なこともありますが、スイッチのオン、オフもときには大切です。ご自身の身体が求めている声をきいて、応えてあげるようにしてくださいね。

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.