妊娠中 妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期

妊娠~授乳中の安全なカフェイン量|過剰摂取のいけない理由

妊娠中控えた方が良いといわれるカフェイン。全くとってはいけないものではありませんが、一日どれくらいなら摂取しても良いのでしょうか?授乳中もカフェインは控えた方が良い?一日のカフェインの摂取量の目安やコーヒー以外の飲み物、食べ物にカフェインが含まれているものについて紹介していきます。

カフェインを控えた方が良い理由

妊娠中、大量にカフェインを摂取することで、胎盤を通して赤ちゃんに届くと次のようなリスクがあると考えられています。

○低体重児
○流産
○早産
○発達障害

大量なカフェインの摂取は血管を収縮させることがあり、流産や早産の可能性が高まったり、酸素がうまくいきわたらずに低体重児になったりすることがあります。また、赤ちゃんの将来の発達障害にも影響するといわれるほど、カフェインの大量摂取はお腹の赤ちゃん美危険をおよぼすことがあります。

妊婦さんへの影響

大量なカフェインの摂取は赤ちゃんだけでなく、妊娠中のおかあさんの体にもあまりよくありません。

●不眠症
●イライラ、興奮
●体が冷える
●貧血
●吐き気やめまい

このような症状が出ることもありますので、過剰摂取には注意が必要です。

一日にとっていいカフェインの量は

カフェインが体に及ぼす影響についてお話してきましたが、カフェインを全くとってはいけないというわけではありません。
カフェイン摂取量の一日の目安は約200mgとされています。コーヒーに例えると、約2杯分の量にあたります。食後やカフェタイムに1~2杯だけ飲む程度でしたら大丈夫ですよ。神経質になりすぎず、一日の量を決めてストレスなく過ごせるようにしてくださいね。

カフェインを含む飲み物

カフェインを含む飲み物はコーヒーだけではありません。普段、何気なく口にしているものにも意外とカフェインは含まれているので、知っておくといいですね。

~カフェインを含む飲み物~
・コーヒー
・紅茶
・緑茶、ほうじ茶
・コーラ
・栄養ドリンク
・ココア

このようにお茶にも少量ですがカフェインは含まれています。また、チョコレートなどの食べ物にもカフェインが含まれている物があります。普段飲んでいる飲み物や食べ物にカフェインがどのくらい含まれているのか一度チェックしてみて、一日の摂取量にも少し注意してみてくださいね。

授乳中のカフェイン

妊娠中のカフェインの摂取についてお話しましたが、出産後、授乳中にカフェインを摂取することはどうでしょうか。
カフェインは母乳を通して摂取量の約1%が赤ちゃんに届くといわれています。過度に気にしすぎる必要はありませんが、出産後はまだホルモンバランスの状態も不安定です。過剰摂取は控えて、一日2~3杯を目安に楽しむようにしてくださいね。

リラックスできるおすすめの飲み物

カフェインを控えるように、といわれてもおかあさんも子育ての休憩は大切です。コーヒーや紅茶の1杯も飲みたくなりますよね。そんなときは、“デカフェ”や“カフェインレス”などのノンカフェイン、カフェインが少ないものを選ぶようにしたり、一日1~2杯までにしたりながらリラックスタイムを楽しんでくださいね。コーヒー、紅茶以外にもカフェインの入っていない、ルイボスティーやハーブティーもおすすめですよ。

▼合わせて読みたい~妊娠中食べてはいけないものは?~

妊娠中食べてはいけないものはありますか?控えたい食べ物とは

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

わたしたちは機能性は当然ですが、デザイン(見た目)も「かっこいい」と思っていただけるような抱っこ紐を作ります。

育児や家事にお仕事に、目まぐるしい毎日を過ごすなかでもこだわりのアイテムが一つあるとなんだか気分が明るくなりますね。「子育てって楽しい」そんな瞬間が少しでも増えたらいいなと願っています。

キューズベリーの抱っこ紐がみなさんのお役に立てますように。

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

-妊娠中, 妊娠中期, 妊娠初期, 妊娠後期