赤ちゃんのためにできること

妊娠線ができないようにするには?

妊娠線ができないようにするにはどうすればいいですか?

保湿が一番です。また急激な体重増加に注意しましょう。

妊娠線ができる理由

妊娠線ができる理由は2つあります。
① 妊婦さんのお腹は大きくなるにつれて皮膚が伸びていきます。そのときに表皮は伸びるものの皮下組織はその伸びについていけず真皮にひびが入ることで妊娠線ができます。

② ステロイドホルモンの影響でコラーゲンが減少することによって妊娠線ができます。

妊娠線の状態には個人差があることや、お腹だけでなく、おしりやバストにできるおかあさんもいます。
またまっすぐに線が入る正午線とは違って、一度できた妊娠線は出産後も薄くなっても完全に消えることはありません…
つまり妊娠線ができないように事前にしっかり予防することが大切です!

妊娠線対策を始める時期

妊娠線は妊娠後期頃にできやすいといわれています。しかし妊娠線に気づく前に予防、対策をしたいので4~5ヶ月頃、お腹が大きくなってきた頃にはケアを始めましょう!
なかには、絶対に妊娠線をつくりたくない!というおかあさんは妊娠初期の頃から保湿することを心がけていたという話も聞くほどです。

具体的な妊娠線の予防とケア

保湿(マッサージ)

始まりの文章にも書いたように、妊娠線をできないようにする一番の対策は保湿することです。たっぷりとクリームやオイルを使って柔軟性のある肌を守ってあげてください。
自身の肌に合うもの、塗りやすさ、匂い、コスパ、成分などを考えてお好みのものを見つけてケアしてくださいね。
お風呂上がりに保湿しながら優しくマッサージしてあげることも効果的です。

急激な体重の増加を防ぐ

急激に体重が増えると皮膚の表面が一気に伸びて、妊娠線ができやすいといわれています。妊娠中は食べつわりや吐きつわり後の反動、ホルモンの影響などにより食べ過ぎてしまうことがありますが、健康面も考えて大幅な体重増加には気をつけてくださいね。

適度な運動をする

今ある筋力を低下させないようにしたり、適度な運動で筋肉をつけることは、皮下脂肪をつくりにくく皮膚の伸びを抑えてくれます。妊娠中の適度な運動は気持ちのリフレッシュにもなるのでおすすめです。
しかし、激しい運動や無理は禁物です。医師に相談しながら体調の良いときに散歩やストレッチ程度の軽い運動をおすすめします。

最後に

妊娠線の予防には保湿が欠かせません。乾燥しやすい季節や乾燥肌の人も妊娠中は保湿を念入りにしてあげてください。
女性はいつまでも綺麗でいたいものです。妊娠中のおかあさん、家事やお仕事で大変だと思いますがボディケアも忘れずにがんばってくださいね。

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.