妊娠中 妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期

妊娠中、お腹の片側が痛くなるのはなぜ?いつまで続くの?

 

妊娠中、お腹の片側が痛くなるのはなぜ?いつまで続くの?

妊娠中、お腹の張りや腹痛が起きると「この痛みの原因はなに?」「お腹の赤ちゃんは大丈夫かな?」と心配になる方も多いのでは内でしょうか。そもそも妊娠中に、お腹が「キリキリ痛む」「チクチクした痛みを感じる」のはなぜでしょうか?妊娠中に腹痛がおきる原因や、対処法、病院に行くべき症状をご紹介します。

妊娠中、お腹の片側が痛くなるのはなぜ?

妊娠中、お腹の片側が痛くなるのはなぜ?

妊娠すると子宮が大きくなります。そのときに左右全く対象に大きくなることが少ないことから、片方の靱帯が引っ張られているのかもしれません。

 

時々チクッと痛いくらいであれば様子見で大丈夫です。しかし、一部分がずっと痛い、違和感が改善しない、痛い部分が硬い場合は受診をおすすめします。

 

お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、おかあさんのお腹はどんどん大きくなりますよね。お腹のなかでは、それにともなっておかあさんの子宮が大きく伸びていっています。

妊娠前は左右対称であった子宮も妊娠すると、左右非対称になり大きさだけでなく形も変わってきます。
このときに靱帯が引っ張られることで左右どちらかだけが痛みを感じたり、下腹部、足の付け根が痛くなったりすることがあります。

子宮が大きくなることが原因でおこる腹痛は、おかあさんの身体や赤ちゃんの健康に影響するものではないので安心してくださいね。

その他|お腹の張りや痛みを感じる原因

お腹が痛くなったり、張ったりする原因は、上記のように子宮が大きくなり靱帯が引っ張られるほかにも、次のようなことが考えられます。

・ホルモンバランスや自律神経の乱れによるもの
・便秘・下痢・身体の冷えからおこるもの
・性行為によるもの

・疲労やストレスによるもの

・お腹の締め付けによるもの

・動きすぎている、あるいは運動不足によるもの

など原因はさまざまです。

 

実は妊娠中は、お腹の張りを感じることは珍しいことではありません。少しの時間でお腹の張りや痛みがなくなるようであれば、気にしすぎる必要はありませんよ。腹痛、お腹の張りが感じられたときはまずは安静にしておくことが一番です。ゆっくり身体を休めてリラックスするようにしましょう。

妊娠初期に下痢になりやすい原因は?「流産が心配です・・」

お腹の張り、痛みを感じたときの対処法

お腹の張り、痛みを感じたときの対処法

お腹の張りや痛みを感じたときには次のような対処法をぜひお試しください。これでも治らない、そんなときは後の"危険サイン?!病院へ行くべき症状とは"でご紹介していきます。

まずは安静を

お腹の張り、腹痛を感じたときには、まずは横になって安静にすることが何よりも大切で重要です。身体が疲れている、冷えている、ストレスがたまっているなどが原因でお腹の張りを感じやすくなります。身体をあたためたり、作業、家事を一旦をやめて休憩したり、好きなことをしながらリラックスできる時間を過ごすようにしましょう。

一時的なお腹の張りや痛みは、少し安静にすることでたいてい治ります。

血流をよくする

妊娠中は、血流が悪くなりがちですよね。血流が悪いと、むくみ・冷え・便秘・下痢などのさまざまな身体の不調を引き起こし、それが原因で、お腹の張りや痛みが出ることがあります。血流をよくするために、下記を一度試してみてくださいね♪

・温かい飲み物を飲む

・お風呂にゆっくりと入る

・ゆったりとした温かい格好をする

・ウォーキングや軽いストレッチをする

・ずっと同じ体勢でいないようにする

・お通じが良くなるよう食事を整える

 

自己判断の薬の処方やマッサージは控える

妊娠中は薬の処方には十分に気をつけましょう。自己判断で、市販の薬を処方することは危険です。

 

また、ネットで調べてお腹を押したり、胸をマッサージしたりすることも、あまりおすすめできません。やり方が間違っていると、逆効果になりさらにお腹の張りを強めることになりかねません。人によって合う、合わないもあるので自己判断でのマッサージは控えるようにしましょう。

 

危険サイン?!病院へ行くべき症状とは

妊娠中のお腹の張りや痛みは安静にすることによって、だいぶ和らぐことがほとんどでしょう。

 

しかしなかなか治らない痛み、いつもと違う痛みを感じるときには、“切迫流産(妊娠が継続できるが流産の可能性がある状態)”や“子宮外妊娠(正常な妊娠が期待できるものの範囲外で妊娠している状態)”の危険性があるものもあります。また、妊娠中に他の病気にかかっていることもあり得るのです。

そのサインにいち早く気付くためにも、下記のような症状があるときには、必ず受診するようにしましょう。

 

・激痛でなかなか痛みがおさまらないとき
・一部分がずっと痛い、違和感があるとき
・痛い部分が硬くなっているとき
・出血がみられたとき

 

このようないつもと違う痛みを感じられたときには迷わず受診するようにしましょう。
また痛みを感じたときには、痛むところ、感じ方、時間の経過などを覚えておくかメモしたりするようにして、お医者さんに相談することをおすすめします。

お腹の張りはいつまで続く?

妊娠中のお腹の張りはいつまで続くのでしょうか。

↓こちらの記事で、妊娠時期別のお腹の張りについて紹介しているのでぜひご覧ください。

妊娠中のお腹の張りはなぜ起こる?原因や対策、病院へ行くタイミングは?

妊娠初期のころから、出産まで、胎動も含めて多少のお腹の張りは続くといえるでしょう。ただ、お腹の張りは、マイナスなイメージが多いかもしれませんが、赤ちゃんが元気に動いている証拠で胎動によるものでもあります。

 

それに、お母さんが出産する準備として、身体に起こる自然な現象ともいえます。原因や対処法を知って、お腹の張りにもうまく付き合っていく方法がk見つけられるといいですね。

 

まとめ

お腹の張りについて理解することで、マタニティ生活を安心して過ごす一歩につながる

お腹の張りについて理解することで、マタニティ生活を安心して過ごす一歩につながるでしょう。お腹の張りや痛みが生じたときには、焦らずご紹介した対処法をぜひ試してみてくださいね。それでも治らない、不安になってしまう、そんなときは一度かかりつけ医の先生に相談するといいでしょう。妊娠してから出産までいろんな身体の変化がおこっていきますが、ご自身の身体を大切にマタニティライフを安心して過ごせるようにしてくださいね。

 

胎動が少ない?気になる原因や胎動が少ない時の受診目安とは

妊娠中の性行為はしてもいい?注意するべきポイント

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

わたしたちは機能性は当然ですが、デザイン(見た目)も「かっこいい」と思っていただけるような抱っこ紐を作ります。

育児や家事にお仕事に、目まぐるしい毎日を過ごすなかでもこだわりのアイテムが一つあるとなんだか気分が明るくなりますね。「子育てって楽しい」そんな瞬間が少しでも増えたらいいなと願っています。

キューズベリーの抱っこ紐がみなさんのお役に立てますように。

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

-妊娠中, 妊娠中期, 妊娠初期, 妊娠後期