育児 赤ちゃんのこと

赤ちゃんにとって快適な室温・湿度は何度?エアコンの使い方

赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なので、自分だけの力で外の気温に対応することができません。気温と一緒に体温が上下しやすくなっています。「寒い」「暑い」と言うことができないので、赤ちゃんのサインをキャッチしながら室温を調節してあげましょう。また、室温だけでなく、空気が乾燥していないか。空気が乾燥しているとウイルスが繁殖しやすくなったりするので、湿度も大切です。1年を通しての室温・湿度の目安や、赤ちゃんの体温調節の方法などについてお話ししていきます。

赤ちゃんの快適な室温は?

赤ちゃんの快適な室温は夏は25〜28℃、冬は19〜23℃程度が適温とされています。クーラーの温度設定で合わせるのではなく、温・湿度計で室内の温度を確認するようにしましょう。
また、室温は適温であっても、直射日光や風当たりによっては感じ方が変わることもあります。直射日光は避けながら、常に温度計と一緒に赤ちゃんの様子を見て確認・調節するようにしてくださいね。

赤ちゃんの寒い・暑いのサイン

赤ちゃんは自分で体温調節をしたり、「寒い」「暑い」と伝えたりすることができません。温・湿度計よりも赤ちゃんの様子を一番に受け取り、温度調節をしていきましょう。
赤ちゃんが寒い・暑いときには泣いておかあさんに伝えますが、こちらも赤ちゃんのサインに気づいてあげたいものです。どうしたら分かってあげられるのか・・・戸惑うおかあさんも多いかもしれませんね。気付くポイントについてみていきましょう。

⚫︎寒いときのサイン

赤ちゃんは手足が冷たいからといって寒がっているとは限りません。ここでチェックしてほしいのは、体幹が冷えていないかどうかです。体幹とは、お腹や背中、太もも
の部分で、触ってみてひんやりしているときには赤ちゃんの体が冷えているサインです。エアコンの調節をしたり、カーディガンやタオルケットなどの衣類で調節したりするようにしてくださいね。また、エアコンの風が直接肌に当たらないように、風向きもみてあげてくださいね。

●暑いときのサイン

寒いよりも暑いときの方が分かりやすいかもしれません。体幹部分が熱かったり、体の一部分が汗ばんでいたり、ぐずったりしているとき、赤ちゃんは暑いことをおかあさんに伝えているかもしれません。赤ちゃんは思っている以上に体温も高いので、あまり厚着させるのはよくありません。カーディガンなどの羽織などで衣類の調節がしやすい服装がおすすめですよ。また、暑いときにはのぼせることもあるため、水分補給することや風当たりのいいところにいくことも大切です。

睡眠中、エアコンはつけて大丈夫?

睡眠中、エアコンをつけても赤ちゃんに影響はないでしょうか。最近は夏は暑い日が続き、大人でも暑くて目が覚めてしまうこともありますよね。赤ちゃんも同じで、暑すぎると寝苦しかったり、熱中症になったりする可能性があります。室温が26~28℃が適温なので、それを目安にエアコンをつけるようにし、赤ちゃんの体感温度などもチェックするようにしてみてくださいね。睡眠中は体温が下がるため、夜はエアコンを28℃くらい高めに設定するようにしてくださいね。

冬も同じで、体が冷えすぎるとなかなか寝付けない、目が覚めてしまうこともあります。室温が20~23℃になるように設定し、あたたかい布団などで調節しながら眠れるように環境を整えてあげましょう。
冬場は特に乾燥にも注意です。加湿器を使い、部屋の湿度を50~60%に保つようにしてくださいね。

●タイマーをかける

夏場も冬場もタイマーをセットして、あまり長時間付けっぱなしにしないようにするといいですね。赤ちゃんだけでなく、大人もずっとエアコンが効いたなかで睡眠をとると、かえって体がしんどくなることがありますよね。もちろん、季節や家(部屋)によって、室温も変わってくるため、その都度調節するようにしましょう。

赤ちゃんの最適な湿度は?

赤ちゃんとって1年を通して最適な湿度は、50~60%といわれています。
空気が乾燥していると、ウイルスが繁殖しやすく感染症の危険があります。また、赤ちゃんの肌はデリケートで乾燥しやすいため、加湿が大切です。

●水蒸気で出る加湿器がオススメ!

湿度をあげるために加湿器を使用することがほとんどですが、加湿器にも種類がたくさんあります。熱い蒸気の出るものや、赤ちゃんが触って簡単に倒れてしまうものなどには十分気をつけてくださいね。水蒸気タイプのものがおすすめです。赤ちゃんの手の届かない場所におくようにしてくださいね。室内に洗濯物を干すと、湿度も少しあがりますよ。

温度・湿度計を置こう

温度、湿度を常にチェックできるよう、温度・湿度計を置くようにしましょう。温度や、湿度をはかるときのポイントですが、赤ちゃんのそばに置くことが大切です。棚の上や部屋の隅っこ、窓際などと赤ちゃんのいる空間は同じでも高さや位置によって、温度や湿度はかわってきます。赤ちゃんが過ごしやすい環境をつくるためにも、これを忘れないでくださいね。

そして、温度、湿度が適温であっても、赤ちゃんの様子によって調節してあげてくださいね。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

わたしたちは機能性は当然ですが、デザイン(見た目)も「かっこいい」と思っていただけるような抱っこ紐を作ります。

育児や家事にお仕事に、目まぐるしい毎日を過ごすなかでもこだわりのアイテムが一つあるとなんだか気分が明るくなりますね。「子育てって楽しい」そんな瞬間が少しでも増えたらいいなと願っています。

キューズベリーの抱っこ紐がみなさんのお役に立てますように。

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

-育児, 赤ちゃんのこと