出産

陣痛中、食べた方がいい?気持ち悪いときにおすすめの食べ物

陣痛中、食べた方がいいと言われましたが吐いてしまいます。


陣痛中の嘔気や嘔吐はお産が進むことによって起こると言われています。陣痛は糖分が必要なので、気持ち悪くても食べる方が望ましいです。固形物を食べるのが難しければ、ゼリーや飲み物で糖分を補給しましょう。

陣痛中、食べた方が良い?

出産にあたって、陣痛は平均約10時間かかるといわれています。長い人は半日、1日、それ以上かかる人も・・・人それぞれですが長時間陣痛に耐える体力が必要になります。
その陣痛のときにご飯を食べた方がいいのでしょうか?
出産には多くのエネルギーを必要としています。体力がなくなってしまうと、しんどくなったり、子宮の筋肉が弱まったりすることで、陣痛が弱まってお産が長引いてしまうことがあります。体力をしっかりつけて陣痛を強めるためにもしっかり栄養補給をしましょう。
またいきむときの呼吸で口が渇いたり、大量の汗をかいたりするため十分な水分補給も必要です。

おすすめの食べ物

陣痛中は食べられるタイミングも限られてきますので、“手で食べられる”“一口サイズ”などのもの、かつエネルギーになるものがおすすめですよ。
出産が近づいてくると陣痛時の持ち物として、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。

おにぎり

一口サイズのおにぎりがおすすめです。体力がなくなってくると、糖質であるおにぎりを食べたくなる妊婦さんも多くいるようです。手で食べられ、一口サイズにしておくと口の周りなども気にならずにすみます。エネルギーにかわるおにぎりはとてもおすすめです。

栄養補給ゼリー

おにぎりやパンなどの固形物を食べるのがしんどいときには栄養補給ゼリーを食べるのもおすすめです。スプーンで食べるタイプのものよりも、横になった状態で食べられるスパウトパウチ(容器の形状パック)から直接飲めるものがいいです。

お菓子

手軽に準備できるお菓子はいろいろな種類があり、どんなタイミングでも食べやすいことが助かりますね。普段から持ち歩きやすいので一つ常備しておくといいです。唾液の分泌を促すグミや疲労回復効果のあるチョコレートなどを食べて糖分補給しましょう。お菓子もいいですが、しっかり食べられそうであれば、優先的におにぎりやパンなど炭水化物を食べるようにしてくださいね。
高カロリーのものはエネルギーを保ちやすくする効果があります。

フルーツ

食べる余裕があれば、フルーツもおすすめです。糖分だけでなく、一緒に水分も補給することができます。用意できそうであればフルーツもいいですよ。

おすすめの飲み物

スポーツ飲料、お茶、水がおすすめです。

糖分を含んでいるスポーツ飲料はエネルギーになるのでいいですよ。甘い・酸っぱいと感じて気持ち悪くなってしまう場合には、お茶やお水でしっかり水分補給をするようにしましょう。

食事だけでなく、いつでも水分補給ができるように枕元などに置いておくようにしましょう。横になった状態や楽な姿勢で飲めるよう、容器から直接飲めるものがおすすめです。ペットボトルの場合は、100円均一などにあるストロー付きのペットボトルキャップなどを使用するといいでしょう。

最後に

陣痛中は多量の体力を消耗します。陣痛を強めるためにもしっかりと栄養補給をしてエネルギーを取り入れるようにしましょう。気分が悪いときには水分の多い口にしやすいものを食べたり、陣痛中の食べられそうなタイミングを見たりしながら取り入れてみてください。赤ちゃんに会えるまであと一踏ん張りのときです!しっかり体力をつけて元気な赤ちゃんをうんでくださいね。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

わたしたちは機能性は当然ですが、デザイン(見た目)も「かっこいい」と思っていただけるような抱っこ紐を作ります。

育児や家事にお仕事に、目まぐるしい毎日を過ごすなかでもこだわりのアイテムが一つあるとなんだか気分が明るくなりますね。「子育てって楽しい」そんな瞬間が少しでも増えたらいいなと願っています。

キューズベリーの抱っこ紐がみなさんのお役に立てますように。

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

-出産