赤ちゃんのためにできること

おりものが多いですが、どのようなおりものが正常なのかよく分かりません。

おりものが多いですが、どのようなおりものが正常なのかわかりません

妊娠中は子宮内の環境やホルモンの影響でおりものが多くなりやすく問題ありません。おりものがくさい、刺激臭がある、色がいつもと違う、痒みがある、ぼろぼろしている、糸を引くような粘りがあるとしたら受診しましょう。

妊娠中のおりものの特徴

妊娠すると、子宮内の環境の変化やホルモンバランスの影響によって自然とおりものは増えてきます。
妊娠前(特に生理の前後)のおりものに比べて妊娠中のおりものの特徴として

量・・・おりものの出る量、頻度が増えてくる
色・・・乳白色、透明、白く濁っている
匂い・・・酸っぱい(かるい)アンモニア臭
形状・・・さらさらした状態

このような特徴がみられます。特徴には個人差があるため、妊娠前とほとんどおりものの状態が変わらない人もいれば、大きな変化を感じる人も多いでしょう。またその日の体調やホルモンバランスの影響によって、おりものの状態がかわることもあります。
妊娠してからこのようにおりものが増えることは、生理的なものなので心配ありませんよ。通気性のいい下着を身につけたり、おりものシートをつかったりして常に清潔を保つようにしましょう。

では正常ではないおりものとはどんなものでしょうか??

こんなときは受診を

おりものが増えることに問題はありませんが、いつもと違う、おりものの様子がおかしい・・・と思ったときにはかかりつけ医に受診するようにしましょう。

・おりもののにおいが臭い(生臭い)、刺激臭がある
・色がいつもと違い、黄色みが濃い、緑色っぽい
・清潔な状態にしているにも関わらず、かゆいがある
・水気のない、ぼろぼろとした状態
・糸を引くような粘り気がある
・出血している

このようなときにはすぐに受診するか医師に相談するようにしましょう。おりもののなかから菌が繁殖したり、感染症などの病気の表れであったり、なかには早産・流産の可能性を高めるものもあります。
おりものは身体の状態を教えてくれるひとつの手がかりにもなるんですね。

最後に

普段からおりものの様子をチェックしておく習慣を身につけるようにしましょう。何らかの原因でおりものの状態が変化したときに、すぐ気づいて対処することができますよ。デリケートゾーンを清潔に保つことと、お風呂では洗いすぎに注意したりやこすらないようにしたりして、優しくケアしてあげることを心がけてくださいね。

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.