赤ちゃんのこと

赤ちゃんの頭はどんなかんじ?

赤ちゃんの頭を触ったときに「ぽこぽこしているな」「柔らかいな」と感じたことはありませんか?生まれたての赤ちゃんは、頭の骨と骨の間にすき間があるため、触ると柔らかい状態になっています。1歳~1歳半頃になると自然とその隙間の部分が閉じていき成長するにつれて、頭も次第にかたくなっていきます。
また赤ちゃんの頭は柔らかく変形しやすいといわれていますが、いつ、どのように変形したり成長したりしていくのかみていきましょう。

赤ちゃんの頭は変形するの?

赤ちゃんの頭は非常に柔らかく、早くて、おかあさんのお腹のなかにいる頃から、変形すると考えられています。お腹の中で子宮が圧迫されることによって、頭が変形します。
また出産のとき、おかあさんの体から出てくるときに産道を通りやすいように頭の形を細くできるようになっています。特に吸引分娩などを行うときには変形しやすくなっているといわれています。

赤ちゃんの頭が柔らかい部分

頭のなかでは、頭蓋骨がいくつかのパーツに分かれていて、生まれたての時はまだその骨と骨がくっついていません。そのすき間が触ると柔らかい部分になっています。

そのすき間が一番大きい、おでこの上の前頭部中央にある部分のことを大泉門(だいせんもん)といいます。ひし形のような形で触るとポコポコとへこむような感触があります。

このすき間や大泉門の部分も1歳から1歳半頃に閉じていき、2歳頃になると完全に閉じてほとんど手で触れなくなります。

赤ちゃんの大泉門、気をつけることはある?

赤ちゃんの頭は骨のと骨のすき間があり、やわらかくなっていることをお話ししました。何か気を付けることはあるのでしょうか?

赤ちゃんの頭は骨と骨のすき間があるといっても、脳は丈夫な筋膜で覆われています。少し触れたくらいで傷つくことはありませんよ。日常の生活の中で、頭を洗ったり、タオルで拭いたり、くしで髪をとかすなどの動作は気にしすぎる必要はありません。しかし、強くおさえすぎないようには注意し、優しく触れてあげるようにしてくださいね。

また、頭を強く揺さぶられたり、強い衝撃を受けたりした場合は脳内出血することもあるため、十分注意が必要です。特に首がすわるまではしっかりと支えてあげるように抱っこしたり、衝撃を与えないようにしたりしてあげましょう。

2歳になっても大泉門が閉じていない?

大泉門は1歳半~2歳頃に閉じていくといわれていますが個人差はあります。
頭囲の大きさが標準で、発育に問題がなければ少々閉じるのが遅れても大丈夫だといわれています。
しかし、大泉門が閉じるのが早い、遅い、頭囲の大きさも標準でない、など心配になったときには、健診のときやかかりつけ医に相談するようにしましょう。

こんなときは受診を

・赤ちゃんの頭のゆがみが強い
・嘔吐とともに大泉門が腫れてきたとき
・嘔吐や下痢とともに大泉門がへこんだとき
・頭に衝撃をうけたとき

こんな場合はすぐに受診するようにしましょう。

-赤ちゃんのこと

Copyright© cuseberry blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.