赤ちゃんのためにできること

骨盤ベルトはいつからが良いでしょうか?

骨盤ベルトはいつからが良いでしょうか?


明確な決まりはありませんが、妊娠初期から骨盤はゆるむため、初期からをお勧めします。

骨盤は妊娠すると同時にゆがんでいく傾向があります。
骨盤がゆがむと、腰痛の原因や姿勢や下半身のゆがみ、下半身太りなどにもつながってきます。
それらを予防したり、サポートしたりしてくれる骨盤ベルトを妊娠初期から産後大体2~3ヶ月を目安につけることをおすすめしますよ。
初期のころにつけていなかった・・・と慌てなくても中期からでも遅くないですよ。効果はあるのでつけるようにしましょう。

骨盤ベルトの効果

では具体的に骨盤ベルトをつけることでどんな効果を得られるのでしょうか?

腰痛を緩和する

妊娠中はお腹が大きくなることやホルモンの分泌によって腰への負担が大きくなります。
お腹を支えようとして姿勢がそり腰になることから腰痛を引き起こすこともあります。腰痛を感じやすい妊娠中期から骨盤ベルトをつける人が多いですが、痛くなる前の段階から、腰痛の予防や緩和ができるようにしましょう。

恥骨痛を予防する

妊娠するとホルモンの影響で骨盤周りのじん帯や筋肉がゆるみ、そこに重心がかかってくることで恥骨に痛みを与えます。足の付け根に痛みを感じるのはそのためです。骨盤ベルトで恥骨のサポートをしていきましょう。

シェイプアップにつながる

骨盤がゆるんだり、ゆがんだりした状態では身体全体の姿勢がくずれたり、下半身太り、むくみにもつながります。出産後、ゆるんだ骨盤はゆっくりと元に戻っていきますが、骨盤が大きく開きすぎると、戻りにくかったり時間がかかったりします。妊娠している時期から骨盤がゆるみすぎないようにしましょう。

骨盤ベルト選ぶポイントは?

お店でもネットでもたくさんの種類の骨盤ベルトが販売されています。
そのなかで「何を基準に選んだらいいの?」と悩むところですよね。それぞれポイントごとにおさえていきましょう。

自分に合ったサイズを選ぶ

今の状態でのウエスト・ヒップをはかったうえで骨盤ベルト購入するようにしましょう。
そのサイズを知っておけば、お店やネットで用意されているサイズ表に照らし合わせて購入することがきますよ。
ベルトの長さを調節できるものであれば、その時々に応じて緩めたり縮めたりできるので安心ですね。

素材を選ぶ

メッシュ生地のものやウレタン生地のもの、柔らかいものや固いものなどそれぞれの特徴にはメリット・デメリットが考えられます。

メッシュ生地
(メリット)通気性が良いため年間を通してつけやすい
(デメリット)薄手のため、ずれを感じやすく物足りなさを感じる

ウレタン生地
(メリット)しっかりフィットして動きやすいため安心する
(デメリット)蒸れやすいため、夏には不向き

厚手のもの
(メリット)しっかりと圧がかかり安心感がある
(デメリット)動きにくく慣れるまでに時間がかかることがある

生地や素材には好みや、ご自身の求める要素を満たしているかなどを考えてみるようにしてください。
腰痛がひどいときには医師や助産師さんなどに骨盤ベルトの選び方を相談してみるといいですよ。

時期に合ったものを選ぶ

骨盤ベルトをつける時期(季節)だけでなく、出産前・出産後のいつつけるかではサイズが変わってくることがあります。出産前から出産後まで使えるものを考慮して購入していても、産後想像以上に体重が増えてしまった場合、同じ骨盤ベルトでは効果が感じにくくなります。そのときにあったサイズを使用するようにしましょう。

気をつけたいこと

骨盤ベルトはおかあさんのお腹や身体をサポートするものなので、間違っても赤ちゃんがいるお腹に力を加えないようにしましょう。つける位置を確認しながら、締めすぎには注意するようにしてください。
違和感が感じられたときには緩めたり、つけるのをやめたりして一度医師に相談してみるようにしてくださいね。

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.