赤ちゃんのためにできること

分娩中、腰が痛いときの痛みの和らげ方を教えてください。

分娩中、腰が痛いときの痛みの和らげ方を教えてください。

痛い部分をマッサージ(押す・さする)したり、温めるのが効果的です。しかし、人によって腰をマッサージするとより痛みを感じることもあるので、やってみて合わないようならやめましょう。

出産が近づいてくると赤ちゃんの誕生に大きな期待と楽しみ、それと同時に陣痛の痛みに対する不安も出てくるでしょう。「陣痛から出産までの時間が短かったらいいな・・・」「気を紛らわせる方法はある?」ほとんどのおかあさんが考えています。痛みをなくすことはどうしてもできませんが、少しでも和らげる何かがあると心強いですよね。これから出産を控えるおかあさんに少しでも役立つと嬉しいです。

腰が痛くなる理由

なぜ分娩中に腰が痛くなるのでしょうか?

これは妊娠中の姿勢とホルモンバランスの影響が原因だと考えられています。
妊娠してからお腹が大きくなり、それを支えようと多くの場合、姿勢(骨盤)が前傾したり後傾したりして姿勢が崩れてしまいます。それによって今まで負荷がかかっていたものが分娩時に大きな痛みとして感じるのです。

またそれにはホルモンの影響も大きく関わってきます。陣痛時に出るホルモン(オキシトシン)は、関節や子宮周りの靱帯を緩めて体が出産する(産道をひろげる)ための準備を始めます。
しかし、そのホルモンが関節などを緩めることによって、同時に体の歪みや“ズレ”を引き起こすのです。
こうしたことによって分娩中に腰痛がおきています。

分娩時に腰痛を和らげるもの

すでに腰痛がある、腰痛が心配なおかあさん。今から少しでも和らげる方法を知っておくと、安心できるかもしれませんね。人によって痛みや効果はそれぞれですが、対策の一つとして頭においてもらえるといいです。

マッサージする

腰痛の箇所は人それぞれで痛みの強さも異なってきます。痛みを感じる部分を押したり、さすったりしてマッサージしてみましょう。強く押しすぎて痛くなるのはよくありませんが、弱すぎても効果がありません。調整しながらご自身でマッサージしたり、可能であればパートナーや家族の人の手を借りてやってみてください。
テニスボールなどの道具を使って背中周りをほぐす方法もあります。しかし、逆効果で痛くなる、効果が感じられない場合は刺激するのをやめましょう。

体を温める

腰だけでなく足首や首などから全身を温めるようにしましょう。体の冷えは痛みをより大きくします。分娩時に体を温めるアイテムを準備しておくといいですね。また、温めることで精神的に落ち着いたり、緊張を和らげる効果もあります。

呼吸を整える

大きく呼吸することに意識してみましょう。息を大きく吐くことで自然と空気を吸い込むことができ、自律神経を整えたり、リラックスにしたりすることにつながります。

姿勢を楽にする

出産時には姿勢をある程度指示されるかもしれませんがそれまではご自身の楽な姿勢をとるようにしましょう。角度をつけたり、枕やクッションで高さをつけたり、体の向きをかえたりしながら楽な姿勢を探してみてくださいね。

普段から気をつけたいこと

腰痛を和らげるには、分娩時だけでなく、妊娠の時期から予防や対策が大切になってきます。

○姿勢をよく生活する。
○軽い運動やストレッチをして腰回りをほぐしたり緩めたりする。
○体を外側・内側から温める。
○骨盤ベルトで負荷を軽くする。

妊娠中から腰痛がひどくならないように意識してみましょう。

最後に

腰痛の症状は個人差が大きいといわれています。いざ陣痛がきてみないと分からないともいえますね。分娩中、腰が痛くなったときにふと思い出して、少しでも和らげることができるといいです。一度きりのその痛みの先には元気な赤ちゃんが待っています!がんばってくださいね。

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.