赤ちゃんのこと

「目が黄色い?」新生児黄疸(おうだん)|治療や対応について

2021年2月24日

新生児黄疸(おうだん)とは生後3~5日頃(個人差あり)に皮膚や目などが黄色くなることです。これは、生理的黄疸とよばれ、健康状態が良い赤ちゃんでも多かれ少なかれ見られるものです。肌や目はなぜ黄色くなるの?黄疸が強すぎる場合は?生理的黄疸、病的黄疸についてお話ししていきますね。

黄疸って?

黄疸とは生後3~5日頃(個人差あり)に皮膚や目などが黄色くなることです。赤ちゃんのうっすら赤い肌に少し黄色みがかかったような色になります。

この黄色くなるものは、血液中にある『ビルビリン』という物質が原因となります。
ビルビリンとは、赤ちゃんの赤血球中にたくさん含まれている物質のことをいいます。生まれたばかりの赤ちゃんは、大人に比べ赤血球の数が多く血液も濃くなっています。多くの赤血球が短時間で壊されることによってビルビリンが血液中に沢山出てきます。

黄疸が見られたときは?

赤ちゃんの皮膚や目などが黄色くなったとき、初めは「大丈夫かな?」と心配してしまうおかあさんも多いでしょう。黄疸には個人差がありますが、生後3~5日に表われる生理的黄疸に関しては特に気にしたり、対処したりしなくても大丈夫ですよ。

どれくらい続くの?

生理的黄疸は生後3~5日で表われ、1週間をピークに2週間くらいで少しずつ改善してきます。個人差はありますが、あまり早すぎたり、遅すぎたり、期間が長すぎたりするときには受診するようにしましょう。

また、母乳性黄疸とよばれるものもあります。母乳性黄疸とは、母乳育児中の赤ちゃんに表われやすい黄疸です。母乳だけで育児を行っている場合、黄疸が1ヶ月続くこともあります。基本的には経過観察になると思いますが、黄疸が長すぎると危険なケースもあるため、1ヶ月健診で一度見てもらうようにしてくださいね。

ビルビリンが多すぎると

黄疸は程度に個人差はありますが、ほとんどの赤ちゃんに見られます。しかし、まれに黄疸が強すぎたり、早すぎたり(生後24時間以内に表われる)、遅かったり(生後2週間くらいで表われる)したときには、病的黄疸の可能性もあります。これは、ビルビリンの数が多すぎたり、うんちとして体外に出せなかったりすることから起こります。

ビルビリンがあまりにも多すぎると、脳に悪影響を及ぼしてしまう危険性があります。脳の組織にダメージを与えたり、麻痺させたりする可能性もあるため、治療が必要になります。

私たちが、生理的黄疸か病的黄疸か判断することは難しいため、心配なときは健診のときに相談したり、かかりつけ医に受診したりするようにしましょう。

治療方法

黄疸は少々強い程度でしたら心配しすぎる必要はありませんが、あまりにもビルビリンという物質が多く、病的黄疸と診断された場合には治療が必要になります。
軽度の場合は、皮膚のビルビリンを分解する光線療法が行われ、重度の場合は、新しい血液と交換する輸血が行われることもあります。

おかあさんにできること

黄疸は生理的な現象ですので、生理的黄疸の場合は特に気にしすぎる必要はありません。しかしビルビリンという物質が多い場合には、授乳することで少なくすることができます。授乳することで、血液を薄めてビルビリンを下げたり、腸を動かすことによって便としてビルビリンを出せるようにしたりします。白い色の便が出たときにも、ビルビリンがたまっている可能性があるため、そんなときには授乳を多めにすることを意識したり、かかりつけ医に受診したりするようにしましょう。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

ユーザーの皆様より「他の抱っこ紐では泣いていたのにキューズベリーだと赤ちゃんが楽そうで喜んでいる」などの嬉しいお声を多数いただいております。

以下の「CLICK NOW」ボタンを押して、ぜひキューズベリーの抱っこ紐を一度ご確認ください!

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

助産師ゆき

看護師免許
助産師免許
保健師免許

8年間助産師として勤務し、様々な妊産褥婦さんと関わり勉強させていただきました。
その後2020年に第1子を出産し、今までの経験を総動員して育児をしてみたものの上手くいかないことが多々あり、育児の難しさを身に染みて感じました。でもそれ以上に子供は可愛く大変さも吹き飛ぶ日々。現在は育休から復職し、育児の経験を踏まえ、専門的な知識だけではなく、生活で役に立つ情報を伝えられたらいいなと思います。どうぞよろしくお願いします!
著者情報

Instagram

-赤ちゃんのこと