育児 赤ちゃんのこと

授乳中、ハチミツは食べていい?|赤ちゃんへの影響

おかあさんは授乳中、母乳に影響が出るため、食べ物に注意しなければなりません。そのなかでも今日はハチミツについてお話します。授乳中ハチミツを食べてもいいの?母乳を通して子どもに影響はある?ハチミツに含まれる菌が子どもに与える影響などについてお話していきます。

1歳未満の赤ちゃんはハチミツを食べてはいけない

乳児ボツリヌス症とは?

1歳未満の赤ちゃんは、ハチミツを食べてはいけないことを知っていますか?
赤ちゃんがハチミツを食べてしまうと『乳児ボツリヌス症』になるといわれています。ハチミツに含まれているボツリヌス菌が赤ちゃんの体内のなかに入ると、うまく消化することができずに、乳児ボツリヌス症を引き起こしてしまいます。
症状としては、
・便秘になる
・ミルクを飲む力や泣く力が弱くなる
・体に力が入らなくなる
・呼吸がしにくくなる
ほとんどの場合は治療することで治りますが、まれに重症化すると命の危険にさらされることもあります。もし食べてしまったり、症状がみられたりした場合は一度かかりつけ医に相談したり受診したりするようにしましょう。

ハチミツ入りの食べ物に注意

1歳未満の子どもにはハチミツを食べさせないだけでなく、ハチミツが入った飲料やお菓子などにも注意が必要です。赤ちゃんが口にする前に、必ず原材料名を見る習慣をつけるようにして赤ちゃんが安全に食べられるようにしましょう。
1歳を迎えるころには消化器官が発達し、ハチミツも食べられるようになりますよ。

おかあさんはハチミツを食べても良い?

赤ちゃんがハチミツを食べてはいけませんが、妊娠中のおかあさんはどうでしょう。母乳育児の場合、おかあさんが食べたハチミツは母乳を通して赤ちゃんに届くのでしょうか。

妊婦さんも含め、私たち大人ははちみつを消化することができます。そして、妊婦さんが食べたからといって母乳を通して赤ちゃんに行き届くことはありません。食べても問題ないですよ。

授乳中に気をつけたい食べ物

ハチミツは食べても問題ないとお話ししましたが、他に授乳中食べるのを控えた方がいいもの、嗜好品などの控えるべきものなどを簡単にまとめてみました。

脂肪分の多い乳製品

チーズ、生クリーム、バターなどの乳製品の食べ過ぎは母乳を詰まらせたり、乳腺炎の原因になることがあります。これらの乳製品には、脂肪分が多いことが特徴的です。食べてはいけないことはありませんが食べ過ぎには注意するようにしてくださいね。

油や砂糖を多くふくんだもの

脂っこいものや、糖分の高い食べ物は血液をドロドロにして、母乳を詰まらせる原因にもなります。少々、揚げ物や間食にお菓子を食べることは問題ありませんよ。

嗜好品

たばこ、アルコールなどの嗜好品は赤ちゃんに悪影響を及ぼしますので、特に授乳中は摂取しないようにしましょう。たばこやアルコールは母乳を通して赤ちゃんにも悪い影響を与え、健康を損ねます。赤ちゃんだけでなく、おかあさんの健康にもよくありません。

また、カフェインの取りすぎにも注意は必要です。1日200ml(コーヒーコップ2杯)程度におさえておくようにしましょう。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

わたしたちは機能性は当然ですが、デザイン(見た目)も「かっこいい」と思っていただけるような抱っこ紐を作ります。

育児や家事にお仕事に、目まぐるしい毎日を過ごすなかでもこだわりのアイテムが一つあるとなんだか気分が明るくなりますね。「子育てって楽しい」そんな瞬間が少しでも増えたらいいなと願っています。

キューズベリーの抱っこ紐がみなさんのお役に立てますように。

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

-育児, 赤ちゃんのこと