キューズベリー・抱っこ紐

抱っこ紐の選び方は? 種類や選び方のポイントまでを徹底解説!

2022年6月27日

 

抱っこ紐の選び方

家事をしようと思ったとたん、なぜかぐずりだす赤ちゃん。赤ちゃんがいるとなかなか思い通りにいかないものです。そんなときに便利なのが抱っこ紐です。赤ちゃんとのお出かけはもちろんのこと、ぐずる赤ちゃんの寝かしつけにも大活躍してくれますね。

しかし、抱っこ紐といっても種類が多く、どんな抱っこ紐を選んだらいいのか迷ってしまう人も多いはず。

この記事では抱っこ紐の種類だけでなく、メリット、デメリット、そして選び方のポイントまで解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

抱っこ紐は4タイプ! 種類と特徴は?

抱っこ紐は4タイプ! 種類と特徴は?

抱っこ紐は大きく分けて以下の4タイプに分けられます。

・キャリー

・スリング

・ベビーラップ

・ヒップシート

さらに使い方や赤ちゃんの月齢によっても抱っこ紐の使いやすさは違ってくるので、見た目だけで選ばないようにするのが大切です。

まずは、それぞれの抱っこ紐の種類と特徴を見ていきましょう。

抱き方のバリエーションが豊富な「キャリー」

抱き方のバリエーションが豊富な「キャリー」

両肩と腰のベルトで赤ちゃんを支える構造のキャリータイプ。

一番スタンダードな抱っこ紐で、街中でよく見かけるエルゴやベビービョルンなどがこれにあたります。

キャリーのメリット
赤ちゃんの体重を肩と腰で分散して支えることができるので、長時間使用できるのが特徴です。さらに両手が自由に使えます。

また、対面抱っこだけでなく、前向き抱っこ、おんぶなど抱き方のバリエーションが豊富なものが主流になっています。その場に応じて変えられるのは便利ですが、構造が複雑で装着まで時間がかかってしまうものもあるので、どのように使うか想定しながら選ぶようにします。

新生児~3歳頃まで長期間使用できるのもメリットです。

キャリーのデメリット
太めの両肩と腰のベルトで支えるため、その分しっかりとした作りになっているので、サイズは大きめで重さもあります。そのため、持ち歩きするときはかさばってしまいます。

また、作りががっしりとしているので汚れてしまうと洗濯しにくいものもあります。

中には多機能過ぎて脱着が難しいものもあるので、よく見てから購入することが大切です。

赤ちゃんが密着して安心する「スリング」

赤ちゃんが密着して安心する「スリング」

「スリング」は吊るという意味。文字通り、布をたすきがけにかけて赤ちゃんを固定するタイプの抱っこ紐です。

スリングタイプの抱っこ紐は①リングタイプ②バックルタイプ③チューブタイプと大きく3つのタイプに分けられます。

長さの調整ができる「リングタイプ」

リングがついたタイプ。2つのリングがついていて長い一枚の布を通して使います。長さの調整ができるので、体格が違うパパとママでも共用して使うことができます。

リングタイプは縫い方の違いによって「フレアテールタイプ」と「ベルトテールタイプ」があります。

フレアテールタイプは布の端が縫われていないのでふんわり広がります。授乳ケープや赤ちゃんの日よけとしても使えます。一方、ベルトテールタイプはフレアテールタイプと違い、布の端が縫われているタイプです。

初めてでもかんたん!「バックルタイプ」

バックルタイプはスリングに留め具、バックルがついたタイプ。あらかじめ長さを調節して使えるので、スリングが初めての人でもかんたんです。

ただ、バックルが大きいのでかさばりやすいのが難点です。

かんたんな「チューブタイプ」

布を筒状に縫ったシンプルなスリングです。留め具など余計なものがついていないのでかさばりません。また、長さの調節はできませんが、その分、着脱がかんたんで初心者におすすめです。

サイズの変更ができないので体格が違うパパとママだと共用して使うことが難しいのが難点です。

スリングのメリット
ママとぴったりと密着できるのでぐずりやすい赤ちゃんに最適な抱っこ紐です。

大きな布なのでたたんでしまえばコンパクト。持ち運びにも困りません。

色やデザインが豊富なので服と合わせたコーディネートが楽しめます。

スリングのデメリット
着脱に慣れが必要です。

スリングタイプは結び目がほどける、留め具が外れる危険性があります。そのため赤ちゃんが落下しないよう体に手を添えて支える必要があるので、手が自由に使えません。

また、片方の肩にだけ負担がかかってしまうので、長時間使うと疲れてしまうのも難点です。

密着抱っこで安心感を与える「ベビーラップ」

密着抱っこで安心感を与える「ベビーラップ」

「ベビーラップ」はその名の通り、一枚布を体に「巻くだけ」のシンプルな抱っこ紐のことです。

スリングと似ていますが、ベビーラップは布を両方の肩にベスト状に巻き付けるもので、スリングは片方の肩にたすき掛けにする抱っこ紐です。

世界中で人気を集めていて、各ブランドが色や柄を豊富に展開しています。

ベビーラップのメリット
まるで赤ちゃんがお腹の中にいる様な安心感を与えるので密着できて心地よく、赤ちゃんもスヤスヤと寝てくれます。両肩を使って背負い、腰で結んで使うことが多いため、長時間抱っこしていても疲れにくい、結び目がほどけにくいのが特徴です。

布の巻き方次第でいろいろな抱っこができ、新生児から歩き始めまで幅広く使えます。丸洗いできるので汚れても安心です。コンパクトに収納できるので、持ち歩きするのにも便利です。

ベビーラップのデメリット
そもそも布1枚なので、全て自分で調整する必要があるため、装着できるようになるまで練習が必要になります。

布が長いため使う時に床や地面に着くことがあり、場所によっては汚れてしまう心配があります。

しっかりと巻き付けないと赤ちゃんと密着できません。密着する分、夏はママも赤ちゃんも熱がこもってしまい、とにかく暑いのが難点です。

乗せ降ろしがしやすい「ヒップシート」

乗せ降ろしがしやすい「ヒップシート」

ヒップシートは腰に台座がついた抱っこ紐のこと。ウエストポーチのような形をしているものが多く、腰に座らせることができます。

ヒップシートは①腰巻きタイプ②肩掛けタイプ③抱っこ紐タイプと大きく3つのタイプに分けられます。

  1. ウエストポーチのような「腰巻きタイプ」

腰巻タイプはウエストポーチのような形をしたスタンダードなタイプのもの。

腰部分に台座がついているので座らせるようにして抱き抱えます。抱っこしたり、降ろしたりがしやすく、肩に負荷がかからないのもメリットです。

ただ、座らせているだけなので絶えず手で支えておかないといけないのが難点です。

  1. ショルダーバックのような「肩掛けタイプ」

ショルダーバッグのような形をしていて腰と肩で赤ちゃんを支えるタイプです。

腰巻きタイプだと支えるのがちょっと不安という方にはおすすめです。

肩ベルトがあるため抱っこのバリエーションが増え、赤ちゃんやパパ・ママの体への負担も減ります。

  1. 中に台座付きの「抱っこ紐タイプ」

見た目は極普通の抱っこ紐ですが、内側に赤ちゃんが座る台座がついています。

両手が自由に使えるので、赤ちゃんを抱きながら買い物や家事ができます。おんぶができるタイプもあります。

ヒップシートの選び方

ヒップシートの対象月齢はブランドによって様々ですが、新生児から使用できるもの、首がすわってから使用できるもの、腰がすわってから使用できるものなどがあります。購入前に月齢をしっかりとチェックして選ぶのがポイントです。

0カ月(新生児)~

まだ首のすわっていない生後3カ月未満の赤ちゃんには、首をしっかり支えられるものを選ぶようにします。

ひょっとしたら、赤ちゃんを連れてひとりで外出しなければならないこともあるかもしれません。そんな時には装着に少し手間がかかりますが、横抱きができる新生児から使えるヒップシートが重宝します。

3カ月~1

首がすわってくる3カ月ごろになれば、使えるヒップシートの種類も多くなります。活動量が増えるので、歩いていて急に抱っこ~と言われても対応できるヒップシートがおすすめ。

抱っこ紐タイプ、肩掛けタイプ、腰巻タイプもだんだん使えるようになります。

種類は多いので、使い心地に合わせて選んでください。

2歳前後

この頃になると歩きたい!抱っこされたい!と気分がコロコロ変わる時期。乗せたり降ろしたりかんたんにできるものを選ぶようにしましょう。

抱っこ紐タイプよりも腰巻きや肩掛けタイプならすぐに抱っこすることもできます。

36カ月

対象月齢に加えて耐荷重が大きいものを選ぶことが大事です。一般的なヒップシートの耐荷重は15キロですが、平均体重より重めなら耐荷重をチェックすることです。また、いつまで使うかも考えてから選ぶようにします。

ヒップシートのメリット
抱っこ紐よりも装着がかんたんで、しかも抱っこしたり、降ろしたりするのがたいへん楽です。

長時間疲れず、肩や腕への負担が少ない点もメリット。

密着しないので夏でもそれほど暑くなりません。

ヒップシートのデメリット
赤ちゃんの体全体を支えるものではないので、使う月齢に気をつけ、落ちないように気をつけましょう。手が空かないので家事や買い物には不便です。

長時間使用すると、腰に負担がかかってしまうので腰痛持ちの人にはつらいです。

汚れたとしても洗いにくいが難点です。

抱っこ紐の選び方のポイント

抱っこ紐の選び方のポイント

では、実際、抱っこ紐を選ぶとき、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

各家庭によって使い方はまちまちです。使いやすさなど、しっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。

いつから使いますか?

赤ちゃんの月齢によって抱き方も変わってきます。いつから使うのかを考えましょう。

どこで使いたいですか?

毎日の買い物や家事に使いたい、長距離を移動したい…と使うシーンはさまざまです。使う場所によっても抱っこ紐は変わってくるので、まずはイメージをしてみましょう。

使い方はかんたん?それとも難しい?

抱っこ紐には高機能のものもたくさんあります。しかし、高機能ということは着脱が難しいので、ママひとりしかいないのにつけられないのは問題です。着脱方法もしっかりとチェックしましょう。

使い分けができますか?

抱っこ紐、ベビーカーは使い分けを予想することも大切です。例えば買い物はベビーカー、出社は抱っこ紐などとイメージしてから選ぶようにします。

使用感はどうですか?

抱っこ紐を使ってもママと赤ちゃんが快適に過ごせなければ意味がありません。もし、肩や腰が悪い人なら痛みが出てしまいますので、どこに負担がかかる抱っこ紐なのかをチェックしておきましょう。

夏だけでなく、赤ちゃんの体温は高めですから、通気性も良くないといけません。素材や洗濯の可否も忘れずにチェックすることが大切です。

まとめ

お出かけはもちろん、寝かしつけや家事にも活躍してくれる便利な「抱っこ紐」。赤ちゃんにとってはママに密着していれば安心できますし、ママが目を離したときの不安も軽減してくれます。

使う月齢やシーンによって便利さが違ってくるので、生活に合う抱っこ紐を見つける必要があります。この記事を抱っこ紐選びの参考にしてぜひ、ぴったりの抱っこ紐を選んでくださいね。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

ユーザーの皆様より「他の抱っこ紐では泣いていたのにキューズベリーだと赤ちゃんが楽そうで喜んでいる」などの嬉しいお声を多数いただいております。

以下の「CLICK NOW」ボタンを押して、ぜひキューズベリーの抱っこ紐を一度ご確認ください!

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

6児ママよっちゃん

ハグヨガインストラクター養成講座ハグアンバサダー

6人の子供がいるよっちゃんです。
ほぼワンオペ育児で毎日バタバタ過ごしてます(笑)得意な事は自転車でどこまでも行ける事。子供たちとみんなでご飯を食べてる時間が1日の中で1番好きです。苦手な事は雨降りのお買い物。
将来の夢は子育てが落ち着いたら子供たちが沢山来る様な駄菓子屋さんがしたいなぁ〜と思っています。
著者情報

Instagram

合わせて読みたい記事

-キューズベリー・抱っこ紐