産後の悩み

ママの産後の状態ってどんなの?~外見の変化~

2021年1月23日

産後の体の悩み~外見の変化~

出産後、ヘコまないお腹、妊娠線や脇、おへそ周りの黒ずみが残る皮膚など。出産したからといって、簡単に妊娠前に元通り!とはいきません・・・妊娠中とはまた違った体の変化があり、外見の変化が産後のおかあさんにとって悩みの大きな原因になることもあります。
出産に育児に忙しいですが、女性はいつまでたっても綺麗でいたいものですよね。
産後すぐは、体力を消耗した体をケアしたり休養をとったり、育児で忙しくなると思いますが、1ヶ月ほど経って落ち着いてきたら、体を動かしたりマッサージしたりしながら“キレイ”を目指していきましょう!

また、産後の悩みは妊娠中から対策できるものもありますのでチェックしてみてくださいね。

①妊娠線

妊娠線は妊娠中からケアすることが大切です。妊娠線ができてからでは、それを消すことは難しくなってしまいます。しっかり保湿するようにしましょう。

妊娠線の対策とケア。始めるタイミングが鍵です!|とにかく保湿

②黒ずみ

産後、特に乳首や脇の下、お腹やおしりに皮膚の黒ずみが現われます。これはホルモンバランスの影響によるものだと考えられます。ホルモンバランスが整うことでこの黒ずみは消えていくといわれていますが、個人差があり、半年で治る人もいれば2年ほどかかる人もいます。

【黒ずみのケア】
・保湿をする
・摩擦を防ぐ
・肌の代謝をよくする
・UVケアをする

③(妊娠~)産後太り

最近では妊娠中体重が増えるのは大体8kgまでにおさえましょう、と医師から指示されるのではないでしょうか。産後、育児や母乳をあげることで自然と体重が減っていくことが多いですが、「ぽっこりお腹が気になる」「妊娠前の体重に戻らない」という声をよく聞きます。産後一ヶ月ほど経って落ち着いてきて、体型が気になるようであれば少しずつ体を動かして産後ダイエットにトライするのもいいですね。ホルモンバランスの関係や母乳育児には栄養が欠かせないので食事はしっかりとりながら運動することをおすすめします。

④骨盤の歪み

妊娠してからおかあさんの骨盤は少しずつ開いてきます。また大きなお腹を支えようとして、そり腰になったり姿勢が悪くなったりして骨盤の歪みが発生します。そして産後に骨盤が一番開いた状態になってしまいます。骨盤のゆがみは便秘、姿勢を悪くする、肥満、などに繋がります。まずは骨盤の歪みを治していきましょう。

【骨盤矯正】
・骨盤ベルト、ガードルをする
・骨盤ストレッチをする
・正しい姿勢を意識する

⑤肌トラブル

産後、ホルモンバランスの影響により、ターンオーバー(肌が新しく生まれ変わる)のサイクルが乱れてしまいます。その結果、くすみや乾燥、吹き出物などに悩まされることがあります。また赤ちゃんの夜泣きで寝不足が原因になることもあります。

【肌のケア】
・敏感肌に優しいものを使う
・基礎的なスキンケアをしっかり行う
・肌の清潔を保つ
・時短でシンプルなものを選ぶ

さいごに

産後の体は非常にデリケートな状態です。無理にどうにかしよう!と思わずにまずは、ゆっくり休んでご自身の体や、赤ちゃんとの時間を大切にしてあげてくださいね。産後の悩みはおかあさん皆同じ思い、経験をされていますので焦らずに無理なく、ひとつずつ解消していけるといいですね。
また、体だけでなく、心もとてもデリケートになる時期です。辛いときやしんどいときは、周りの人に頼ったり相談したりしながら赤ちゃんとの大切な時間を楽しく過ごしてくださいね。応援しています。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

ユーザーの皆様より「他の抱っこ紐では泣いていたのにキューズベリーだと赤ちゃんが楽そうで喜んでいる」などの嬉しいお声を多数いただいております。

以下の「CLICK NOW」ボタンを押して、ぜひキューズベリーの抱っこ紐を一度ご確認ください!

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

6児ママよっちゃん

ハグヨガインストラクター養成講座ハグアンバサダー

6人の子供がいるよっちゃんです。
ほぼワンオペ育児で毎日バタバタ過ごしてます(笑)得意な事は自転車でどこまでも行ける事。子供たちとみんなでご飯を食べてる時間が1日の中で1番好きです。苦手な事は雨降りのお買い物。
将来の夢は子育てが落ち着いたら子供たちが沢山来る様な駄菓子屋さんがしたいなぁ〜と思っています。
著者情報

Instagram

-産後の悩み