赤ちゃんのためにできること

赤ちゃんのしゃっくりが止まりません。大丈夫?

赤ちゃんのしゃっくりが止まりません。大丈夫?

赤ちゃんのしゃっくりは大人と一緒で横隔膜の痙攣であり、自然に止まるのを待つしかありません。心配しなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんは大人に比べてしゃっくりが出やすいです。しゃっくりが出るときはどんなときか、原因は何か、どのように対処すべきなのかを詳しくみていきましょう。

しゃっくりが出るとき

しゃっくりは大人も子どもも横隔膜の痙攣でおこります。
赤ちゃんはまだ臓器が十分に発達していないことで、刺激によって横隔膜が痙攣しやすくなっています。このために、赤ちゃんはしゃっくりが大人に比べて出やすくなっています。

赤ちゃんの横隔膜が痙攣してしゃっくりが出るときとはどんなときでしょうか。理由はいろいろありますが、よく起こるものについて紹介していきます。

ミルクを飲むとき

赤ちゃんはミルクを飲むことによって胃が膨らんでいきます。そのときに横隔膜が圧迫されて刺激をうけることによってしゃっくりが出ます。

また赤ちゃんはミルクを飲むときに、空気を一緒に飲み込んでしまうことがほとんどです。このときに、一緒に飲み込んだ空気が外に出ようとして、横隔膜を刺激してしゃっくりが出ます。

成長するにつれて臓器は発達し、授乳のときに空気をふくまずにうまく飲み込めるようになってきますよ。

対処法

授乳後はゲップをすることで一緒に飲み込んでしまった空気を出してあげるようにしましょう。その後も少しの間しゃっくりが続いていても、無理に止めたり対処する必要はありません。優しく背中をなでたり、トントンと軽くたたいてあげる程度にしましょう。

身体が冷えたとき

赤ちゃんは身体が冷えると身体がちぢこまることで横隔膜を刺激します。
赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできないため気温が低かったり、排泄やお風呂上がりのときなどにすぐに身体が冷えてしまいます。

対処法
しゃっくりが出たときは身体が冷えていないか、おむつは濡れていないかなど確認するようにしましょう。衣類の調節をしたり、適度にあたたかい環境の中で過ごしたり、優しく身体や冷えている部分をさすったりして体温の調節をしてあげてくださいね。

しゃっくりが出たときは

しゃっくりは新生児の赤ちゃんによく起こることですのであまり心配せずに、自然におさまるのを待ちましょう。急に脅かしたり、背中を強くたたいたり無理に止めようとすると赤ちゃんはびっくりしてしまいます。絶対にしないようにしてくださいね。
気になるようであれば、優しく背中をさすったり、身体が冷えていないかを確認して調節したりするようにしましょう。

こんなときは受診を

もししゃっくりに加えて、他に気になるようなことがあれば受診するようにしましょう。
・元気がなくぐったりしているとき。
・ミルクを飲まないことが続くとき。
・しゃっくりとともによだれが多量に出たり嘔吐したりしたとき。

このような場合、横隔膜の痙攣だけでなく、何らかのアレルギー反応や炎症を起こしている場合があります。いつもと違うな、気になるなと思ったときには相談してみましょう。

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.