出産前のQ&A 育児のQ&A

母子手帳とは?

母子手帳は正式に『母子健康手帳』といいます。
妊娠したら、役所に『妊娠届』を出して母子手帳をもらうことができます。母子手帳、と聞くと、なんだかママになった実感がわいてくるのではないでしょうか。母子手帳はいつもらえるのか、実際にどんなことがかかれているのか、どんなときに活用していくのかを見ていきましょう。

母子手帳はいつもらえる?

母子手帳は妊娠したらすぐにもらえるというわけではありません。妊娠が分かって婦人科で見てもらい、赤ちゃんの心拍が確認できる大体6~10週頃にもらうことが多いです。産院によっては、流産しにくい時期になってから母子手帳をもらいにいくように指示するところもあります。気になったら産院に聞いてみるといいですよ。

母子手帳交付の手続きについて

母子手帳をもらうには、住民登録をしている役所に『妊娠届』を出す必要があります。妊娠届の他にも、
○「個人番号」のわかるもの
○本人確認書類

などが必要です。書類に関しては、住んでいる地域によっても変わってくるので、HPを見たり問い合わせたりして準備するようにしてくださいね。
妊娠しているおかあさん本人が行くのが難しい場合、代理人としてもらうこともできます。その際には委任状や代理人の本人確認書類なども必要になってくるので、こちらも住んでいる地域の役所に確認するようにしましょう。

どんなことが記入されているの?

母子手帳にはおかあさん、赤ちゃんの健康状態が記入されているのかな、となんとなく想像できますが、具体的な内容やその他の内容についても見ていきましょう。
母子手帳には医師、助産師らが記入する箇所もあれば、自分で記入していく部分もあります。

○妊娠の経過記録や健康状態を記録していく
○妊娠、出産、育児についての情報、知識がかかれている
○出産後、赤ちゃんの健診や受診の記録をしていく
○母子保健に関する制度紹介など

母子手帳は妊娠してから、小学校入学まで使用していきます。母子の健康状態を記録するだけでなく、妊娠や出産についての情報がかかれているので一度時間のあるときに目を通して、なんとなく先のイメージをしておけると安心ですね。

母子手帳を活用していきましょう

妊娠して母子手帳をもらってからは常に母子手帳を持っておくようお話がされると思います。定期健診や病院受診の際に記入したり、万が一、妊娠中に何かあったときに病院でスムーズに対応してもらうことができますので鞄に入れておくようにしましょう。

母子の健康状態を記録していく

おかあさんの妊娠経過や歯科検診の治療、赤ちゃんの定期健診や病院の受診の記録などを残していきましょう。病院でも、今までの記録があることで検査したり判断したりしやすくなることがあります。

公的サービスを利用する

母子手帳を持っていることで、公的なサービスを利用することができます。具体的に、

○妊婦健診の受診券(割引券のようなもの)
○妊婦訪問や乳児教室などの母子保健サービス
○子育て応援サービス

などがありますが、地域によってさまざまです。一度お住まいの地域で受けられるサービスについて調べてみましょう。

大切に保管する

母子手帳は必要事項や健康状態の記録だけでなく、かけがえのない赤ちゃんとの思い出の一冊になるはずです。小学生入学まで使うことができるので、大きくなったときに子どもと一緒に見返したり、おかあさんも成長を振り返ることができるので大切に保管するようにしましょうね。万が一、無くした場合は再発行できますが、今まで記録していたものはかえってきませんので大切に扱ってくださいね。

さいごに

妊娠してからもらう母子手帳についてのお話しをしました。おかあさん、赤ちゃんの健康状態を把握したり、振り返ったりできる思い出の一冊です。お気に入りの母子手帳カバーをつけたり、パートナーと情報を共有したりしながら大切に持っていてくださいね。

-出産前のQ&A, 育児のQ&A

Copyright© cuseberry blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.