育児 赤ちゃんのこと

赤ちゃんのコップ飲みがうまくできるようになるコツ【保育士が解説】

2021年11月29日

「赤ちゃんはいつまでにコップ飲みができるようになったらいいですか?」「ストローがうまく使えません」などのお悩みをよく聞くことがあります。今日は"コップ飲み"ができるようになるまで、そのコツとともにお話ししますね。焦らなくて大丈夫です、最初は上手にできなくて当たり前!すぐに上手に飲めるようになるので安心して読み進めてくださいね。

コップ飲みはいつから始める?

赤ちゃんがコップを使って飲みを始められる時期は大体生後6ヶ月ころになります。そんな早くから?と思ったママさんが多いのではないでしょうか。もちろん、”上手に出来る”というわけではなく、”飲み始めることができる”時期になります。大体離乳食(2回食)が始まる時期ですね。離乳食をうまく飲み込めるようになってきたら(ゴックンができたら)、お茶や水を飲めるようになってくるのです。

コップ飲みをするタイミング

コップでお茶や、水を飲むタイミングについてお話しします。食事後や、授乳後は赤ちゃんもお腹がふくれて、あまり水分をとろうとしません。授乳前や、食事前、食事中に水分をあげてみるといいですよ。授乳の間でも、授乳までにまだ時間があるときは、お茶や水で水分補給するのでもかまいません。ただし、授乳前や、食事前はお腹がいっぱいになると離乳食が食べられなくなるので、ほんの2~3口くらいから始めて見ることをおすすめします。

ステップに分けてチャレンジ

ステップ1.スプーンから始めよう

まずは、スプーンで汁物を飲むことから始めてみましょう。コップに比べて、スプーンの方が赤ちゃんの小さな口にはフィットしやすく、飲みやすいのでスプーンから始めることをおすすめします。お茶もコップに入れておいて、スプーンで赤ちゃんの口にゆっくりはこんであげましょう。
最初は赤ちゃんも飲む、というよりは食べるようにしてスプーンを口にふくんだり、こぼれてうまく口に入らない、ベーッと吐いてしまうこともあると思いますがそれで大丈夫です。コップのみへの第一歩になります。

ステップ2.コップを使ってみよう

スプーンでうまく飲み込めるようになってきたら、次はコップで飲んでみましょう。大人がコップを持ってあげて、赤ちゃんの口へと運んであげましょう。このとき、1度に多く飲ませようとすると赤ちゃんが溺れてしまうので要注意です。赤ちゃんの一口の量でコップを口から離してあげましょう。このときも初めは、むせてしまったり、口からこぼれたり、吐き出してしまうこともあります。赤ちゃんもそうしながら、少しずつ慣れていきますので、最初は見守ってあげてくださいね。ママさんもお洋服や周りが濡れる覚悟が必要かもしれません!(笑)

ステップ3.自分でコップを持ってみよう

コップでうまく飲めるようになってきたら、コップを自分で持つ練習をしてみましょう。きっと、子どももコップでお茶が飲めるようになってきたら、自分でコップを持ちたがるでしょう。”自分でしたい”という気持ちを大切にしてあげたいものですね。
初めは、大人が手を添えて一緒に飲んだり、2~3口量をコップに注いであげながら少しずつ飲みすすめることをおすすめします。

赤ちゃんにおすすめのコップ
赤ちゃんにコップで水分をあげるときは、飲み口が薄いコップを使うようにしましょう。飲み口に厚みがあると、小さな赤ちゃんの口に入りにくく、お茶がうまく飲めません。
また、軽めで割れないコップを選びましょう。何かの拍子にコップを落としてしまうこともあるので、そのときに危険のない安心できるものを使うとママさんも安心ですね。

最初はうまくできなくて当たり前

初めは何でも一緒でうまくできなくて当たり前!それでいいんです。少しずつステップをふみながら、小さな成長を認めてあげてくださいね。ひとつできると、子どもも「嬉しい」「もっとやりたい」という気持ちが芽生えてきます。また、「自分でできた」という感覚が嬉しく、自信へとつながっていきます。

ストローの練習は必要?

コップ飲みのお話をしてきましたがストローの練習は必要かについてお話ししますね。今はスパウトや、ストロータイプのもの色んなコップがありますね。お子さまに合わせて、それを使うのもいいと思います。出先で毎回コップで水分補給、となると大変なときもありますもんね。
ストローについてですが、吸い方はまたコップとは別物になります。吸う力もそうですが、コツをつかむまで時間がかかってしまうこともあります。1歳を過ぎると、「ストローを使っていつの間にか飲めるようになっていた!」とよく聞きますが、練習をしたい場合は、コップにストローをさして飲んでみたり、大人が見本を見せたりしてみるといいですよ。

さいごに

コップ飲みについていかがでしたか?ちなみに保育園では、離乳食が始まると基本的に水分補給はコップでしています。もちろん初めは、こぼして服や床が濡れたり、吐き出すこともありますが、すぐに慣れて上手に飲めるようになっていますよ。おうちでも一度試してみてくださいね。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

ユーザーの皆様より「他の抱っこ紐では泣いていたのにキューズベリーだと赤ちゃんが楽そうで喜んでいる」などの嬉しいお声を多数いただいております。

以下の「CLICK NOW」ボタンを押して、ぜひキューズベリーの抱っこ紐を一度ご確認ください!

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

保育士とも

保育士資格
第二種幼稚園免許

私は4人兄弟の末っ子。妹弟が欲しい気持ちが強く、幼い頃から「保育士になるしかない!」と決めていました。昔から小さい子が大好きでした。
0歳担任をしたとき、しっかり意思表示をしたり、いろんな表情を見せたり、パパママと離れて逞しく過ごす赤ちゃんに感動する毎日でした。パパママからの愛情を沢山もらって、元気に成長しているんだな、と毎日感じさせられました。
著者情報

Instagram

合わせて読みたい記事

-育児, 赤ちゃんのこと