赤ちゃんのためにできること

食べつわりで体重が増えてしまいました。減らさないとだめですか?

食べつわりで体重が増えてしまいました。減らさないとだめですか?

つわりの時期に増えてしまった分を減らそうとしなくて大丈夫です。但し、つわりが改善したら急激な体重増加がないように体重コントロールしていきましょう。

つわりの症状の種類

多くの妊婦さんが妊娠初期に経験するつわり。つわりの症状は様々ですが大きく二つに分けられます。一つ目はものを食べる・食べないに関係なく、常に吐き気がある状態になる“吐きづわり”です。吐きつわりの時には無理に食べなくても良いのですが、おかあさん自身の健康のためにも食べられるものを少量ずつ食べるようにしましょう。水分補給もとても大切になってきます。
二つ目が空腹になると吐き気がしたり、気持ち悪くなってしまう“食べつわり”です。こちらは血糖値が下がるために起こるものです。

食べつわり対策

 
食べつわりは空腹になるとイライラしたり吐き気を催してしまうため、なるべく空腹状態をつくらないように対策が必要です。

簡単につまめるものを用意しておく

家にいるときも外出時も少しお腹がすいたな、と感じるときに簡単に食べられてその場の空腹を満たせるようなものを用意しておきましょう。就寝前後にもその症状が表れることもあるため、ベッドの枕元に食料を置いておく人も多いようです。

こまめに水分補給をする

空腹を満たす為だけでなく、妊婦さんは水分不足になりやすいためこまめに水分をとるように意識してください。まや水分不足は吐き気の原因にもなります。冷たくてにおいのあまりしないもの、水やお茶などをおすすめします。

気分転換をする

運動をしたり家事、あるいは仕事をすることで気持ちが少しまぎれます。じっとしていると気分が悪くなる方は、無理のない程度に体を動かして気分転換してみてくださいね。

食べつわりにおすすめの食べ物

食べつわりの時には気にせずどれだけ食べてもいい!とはいうもののあまりにも食べ過ぎ続けてしまうと、逆に気持ち悪くなったり、後々体重オーバーになってコントロールが難しくなってしまうことも・・・。ストレスをためないように、あまり気にしなくても良い時期ですが、余裕のある場合は少し食べるものの栄養バランスにも意識してみましょう。炭水化物や糖質の高いものばかりより、たんぱく質やビタミンを含むもの、また手軽に食べられる好きなものを見つけてみてくださいね。

おにぎり つくって冷凍しておけばいつでも食べられる。具材を選んで栄養をとることができる。
冷やしうどん のどごしがよく、炭水化物がしっかりとれる。
ヨーグルト 冷たくて食べやすい、手軽に手に入る。間食に取り入れやすく、たんぱく質を含む。
卵(ゆでたまご) 良質なタンパク質で消化に良い。
アイスやゼリー 夏場の暑いときや胃がムカムカするときに食べやすい。糖質が高いため食べ過ぎ注意。
スープ のどごしがよく野菜をたっぷり入れて栄養を十分にとることができる。
小腹が空いたときにいつでも食べられて、外出時も持ち歩くことができる。
しょうが つわりの症状が軽減されることが推奨されている。

反対に、あたたかいものや刺激物、においのきついものは、かえって気持ち悪くなったり下痢を引き起こしたりすることがあるのであまり食べないように注意してくださいね。
 

最後に

つわりの時期は体重の変化よりもストレスをためないことが一番です。おかあさん自身が食べやすい、好きなものを選んで食べるようにしてください。あまりにも体重が増えすぎたり、気分悪い日が続く場合はかかりつけ医や専門家に相談してみてください。少しでも楽にリラックスしながら生活できるように工夫し、がんばってつわりの時期を乗り越えてくださいね!

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.