産後の悩み

これって産後鬱?解決策と覚えておきたいこと→【5児ママの体験談】

赤ちゃんを出産!「やっと愛しい赤ちゃんに会えた」「しんどかった妊娠生活が終わった~!」とほっと一息つく半面、「うまく子育てできるかな?」と不安になったり、ホルモンバランスが崩れてどうしようもなく落ち込んでしまうことがあります。症状によってはこれを産後鬱と呼ぶことがあります。ママさんにとってとてもしんどい時期ですよね。今回は5児ママのよっちゃんと産後鬱についてのお話をしたいと思います。産後のブルーに悩むママさんにぜひ読んでほしいと思います。

よっちゃんは産後、悲しい気持ちになったり、落ち込んで苦しかったことはある?

はい。今思うと、あれは“産後鬱”だったのかな?と思う時期がありました。
・涙が止まらない
・笑えない
・ネガティブ思考の連鎖
と本当につらい時期がありました。

その原因は何だったのかな?

なんでしょうね..
ホルモンバランスの影響が大きいこと、責任感からくる不安からくることが大きいと思います。
「自分ががんばらないと」「私は大丈夫」と思えば、思うほど落ち込む、でもどうしたらいいか分からない、そんな連鎖の状況が1カ月続きました。

そのときどうした?どうしたら気持ちを取り直せた?

初めは対処法も分からなくて、どんどん落ち込む一方でした。あまり身の回りの人に私は強がって相談ができなかったんです。
そんななかで私を救ってくれたのは保健師さんでした。

私は退院のときに、産後鬱の傾向があるのでそこで保健師さんとつながり、定期的におうちに訪問してくれました。

保健師さんは何をしてくれるの?

「こうした方が良いよ」などのアドバイスを一切せず、他愛のない話をたくさんしてくれました。「赤ちゃん大きくなったね」「がんばってるね」と励ましてくれたり、本当に育児に関係ない話までいろんなお話をすることでとても気分がまぎれ、自分からも話したり笑えるようになりました。
妊娠してから出産後まで、何だか“漠然とした不安”“孤独感”に悩むときってある。でも、そんなときこそ、誰かに話す、誰かに頼ることがとても大切だと思います。

保健師さんが
「何もなくてもいいから連絡してね」「本当に頼ってもらうために私たちはいるからね」という言葉に何度も励ましてもらいました。
人それぞれだと思うけど、私は
・同性であること
・ちょっと離れた存在
・身内でない

こんな存在だからこそ、話しやすいのはありました。身近な人には心配かけたくない、という思いもあったのかもしれません。

私はたまたま保健師さんでしたが、家族でも友達でも一番話しやすい人に相談するのがいいですね。

保健師さんに出会うには?

・私のように産院で紹介してもらう
・母子手帳の記載されている住んでいる地域の保健師さんに相談する
・区役所の福祉保健課に電話する

最初は誰かに頼ったり、こういった機関に電話することは勇気がいることかもしれません。でも、誰かに話を聞いてもらう、相談することで本当に楽になります。保健師さんでなくても、身の回りの友達、家族、助産師さん、誰でもいいです。ひとりじゃないことを感じてほしいなと心から思います。

しんどい時は「しんどい」って言っていいんですね。

そうです。本当につらい時は、積極的に誰かに頼ってほしいと思います。
「なんとかなるか」「ゆっくりがんばろうかな」と思えるにはママさんにも息抜きが必要です。ひとりで頑張らなくていい、辛い時、どうか誰かに相談できますように、心から願っています。

私は1か月と少し時間がかかったけど、1日でも早く元気に子どもと過ごせるといいです♪

産前産後のママさんのお役に立てると嬉しいです(^^)

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

わたしたちは機能性は当然ですが、デザイン(見た目)も「かっこいい」と思っていただけるような抱っこ紐を作ります。

育児や家事にお仕事に、目まぐるしい毎日を過ごすなかでもこだわりのアイテムが一つあるとなんだか気分が明るくなりますね。「子育てって楽しい」そんな瞬間が少しでも増えたらいいなと願っています。

キューズベリーの抱っこ紐がみなさんのお役に立てますように。

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

-産後の悩み