育児 赤ちゃんのこと

赤ちゃんの便秘を解消しよう!病院へ行くべき目安は?

赤ちゃんの便秘を解消しよう!赤ちゃんは、毎日うんちが出る日があれば、5日間うんちが出ずにお腹が張った状態が続くことがあります。便秘を放っておくと、便がさらに硬くなって出にくくなったり、体調が悪くなったりすることもあるので、少し注意してみてあげる必要があります。今日は、そもそも便秘になる理由や、便秘になってしまったときの対処法についてお話します。

赤ちゃんの便秘とは?

赤ちゃんの便秘とは、なかなかうんちが出ないことや、硬い少量のうんちしか出ないことを言います。個人差があるため、一概に「●日以上出なかったら便秘」とははっきり言えません。毎日便が出る子どもは、2日出なかっただけでお腹が張って便秘になる子どもがいれば、2~3日に1回のペースでも便秘の状態でない子どももいます。次の項目で、「便秘」に当てはまるかをチェックしてみましょう。

便秘のときの症状

便秘のときの症状として次のようなものがあります。当てはまるものがあれば、それは便秘かも・・?

うんちの回数が減った
赤ちゃんによって、便の量や頻度は変わってくるので、人と比べるのではなく、過去と一度比べてみましょう。うんちが硬くなったり、少量しか出ない時、また排便時に痛そうにしているときは便秘が疑われます。

ミルクを吐き戻す、飲まない
赤ちゃんは便秘の時、お腹に便がたまって食欲がなくなることがあります。便秘がひどい場合は、ミルクを吐き戻すこともあります。

おならが多い
いつもに比べてうんちが出ずに、繰り返しおならが出ているときはガスがたまっているサインのひとつです。

空腹時、お腹が張っている
うんちが溜まって、空腹時でもお腹が張っている場合は便秘の可能性があります。空腹時に、下腹部を軽く触って確かめてみましょう。

機嫌が悪い
赤ちゃんはお腹に便が溜まって気持ち悪いと、泣いたりぐずったりして苦しいことを伝えようとしていることがあります。

お家でできる便秘解消法♪

便秘の症状がみられたら、まずはおうちでできる便秘解消を実践してみましょう!

おなかのマッサージ

仰向けの状態で、赤ちゃんのおへその周りに「の」の字をかくように優しくマッサージしてあげましょう。なでるようにマッサージすることがポイントで、強く押すことは危険ですので注意してくださいね。3カ月ころになってきたら、仰向けで両足を優しく揺らしたり、交互に足を上げたりしてストレッチをするのも効果的です。

水分補給を多めに

ミルクや母乳だけでなく、便秘の時はお茶や白湯なども飲んで1日の水分量を増やしていきましょう。ミルクの前後ではなく、お風呂上りや、食事が始まっている場合は、食事の合間などに積極的に水分をとっていきましょう。

便秘解消のレシピ

離乳食や食事が始まっている場合は、食物繊維が豊富な食事や、バランスの良いレシピを考えてみましょう。例えば、さつまいも、バナナ、オリゴ糖などを取り入れたり、野菜を多めにとるようにしたりして、胃腸を整えていくことで、快便へと近づきます。

肛門(周り)を刺激する

これは、浣腸とも似ているのですが、薬剤を入れるのではなく、肛門を刺激して便意を促す方法です。
まずは、お尻、肛門の周りを指で押して刺激します。この弱い刺激では、便秘が治らないケースも多いので、肛門を刺激する方法についてご紹介します。

やり方
1.綿棒の先にワセリン又はベビーオイルをつける
2.赤ちゃんの肛門を優しくつついて刺激する
(これでも改善されなかった場合)
3.先端1cm未満を肛門に入れて、出す、を繰り返す。
(1歳以上の赤ちゃんの場合は、小さく円を描くように綿棒を動かしても大丈夫です。)

赤ちゃんの様子を見ながら、刺激を与えてみましょう。
※マッサージ中に、赤ちゃんのうんちが出ちゃうことも!おむつを敷いて、行うようにしましょう。

便秘になりやすい時期に注意

普段から、赤ちゃんは便秘になりやすいといわれていますが、時期にも関係してきます。特に、次のような時期には便秘になりやすいので、知っておくと対応しやすくなりますよ。

新生児期

新生児の赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごします。そのため、運動不足で便秘になりやすいです。また、ミルクに比べて母乳の方がビフィズス菌が多く入っているために、ミルク育児は少し便秘になりやすくもあります。

生後2~3カ月

生後2~3カ月になると、赤ちゃんの消化器官が少しずつ発達してきます。腸に便を溜められるようになることで、便秘になりやすい赤ちゃんもいます。

離乳食を始めた時期(生後5~6カ月)

赤ちゃんは離乳食が始まると、毎日ミルク(水分)だけを取ってていたころに比べて、水分量が少なくなります。また、固形物を食べることによって、便がかたまりやすくなります。離乳食でも汁物を取り入れたり、水分補給を増やすなどして水分量を多めにしましょう。

こんなときは受診を

おうちでできる便秘解消方法をご紹介しましたが、便秘が治らない、悪化しているケースもあり、そんなときは受診をおすすめします。

・発熱・嘔吐などの症状がある
・空腹時もお腹がパンパンにはっている
・排便時に血が混じっている
・5日以上便が出ない

さいごに

赤ちゃんの便秘は意外と起こりやすいもの。赤ちゃん自身では改善できないので、ママが様子を見ながら便秘解消してあげてくださいね。改善できない場合は、一人で悩まず早めに受診、かかりつけ医の先生に相談してくださいね。

PR 抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

キューズベリーは小柄な日本人の身体にフィットするようにつくられた純日本製の抱っこ紐です。

わたしたちは機能性は当然ですが、デザイン(見た目)も「かっこいい」と思っていただけるような抱っこ紐を作ります。

育児や家事にお仕事に、目まぐるしい毎日を過ごすなかでもこだわりのアイテムが一つあるとなんだか気分が明るくなりますね。「子育てって楽しい」そんな瞬間が少しでも増えたらいいなと願っています。

キューズベリーの抱っこ紐がみなさんのお役に立てますように。

抱っこ紐のことならキューズベリーにおまかせ

新生児も自然な姿勢でしっかり安定

新生児から12ヶ月まで。抱っこ紐ZERO

小柄な日本人の体形に合わせた抱っこ紐

4カ月~3歳まで。抱っこ紐NICO

大人気抱っこ紐のデニムシリーズ!

抱っこ紐 デニムシリーズ

あなたにおすすめの記事

-育児, 赤ちゃんのこと