産後の悩み 育児 赤ちゃんのこと

赤ちゃんのしゃっくり|放っておいていいの?~原因や対処法~

赤ちゃんは意外と「しゃっくり」が多いです。初めてのママさんは、しゃっくりの頻度に驚いたり、戸惑ったりしてしまうことがありますよね。今日は、そんな赤ちゃんのしゃっくりが出やすい理由や、対処法についてお話していきます。

しゃっくりがよく出る理由

赤ちゃんは「しゃっくり」がよく出ます。その理由は、赤ちゃんは横隔膜が未発達なために、ささいなことが原因で横隔膜が刺激されて、「しゃっくり」が出やすくなっています。

では、どんなことで横隔膜が刺激されるのでしょうか。よくある2つをご紹介します。

母乳やミルクを飲むとき

母乳やミルクを飲むことによって、胃が膨れますよね。胃が膨れることによって横隔膜を刺激して、しゃっくりが出ることがあります。
また、何かを飲み込むタイミングで、空気も一緒に飲み込むと、体内に入った空気が横隔膜を刺激してしゃっくりが出ます。

身体が冷えたとき

赤ちゃんはとてもデリケートなため、身体が冷えることによっても横隔膜を刺激します。よくある例では、入浴後の身体の冷えや、オムツが濡れていることによって下半身が冷えて、しゃっくりが出ることがあります。

しゃっくりが出たときの対処法

では、しゃっくりが出たときに、ママさんはどうしたらいいのでしょうか。苦しそうだからといって、慌てて何かしないと、と焦る必要はありません。赤ちゃんはよくしゃっくりが出るので、しゃっくりが出ても、機嫌が良い・いつもと変わりなく元気であれば、自然に止まるので特に気にせず様子を見ましょう。

それでも何かできることはないかな、気をつけることはないかな、と気になるママさんは一度ぜひ次のようなことを試してみてくださいね。

ゲップをさせよう

赤ちゃんのしゃっくりを防ぐために、授乳後のゲップを習慣づけましょう。赤ちゃんはミルクや母乳を飲むときに、一緒に空気を飲み込んで、その空気が体内で横隔膜を刺激してしゃっくりが出ることがあります。授乳後は体内に入った空気をぬくために、背中をさすってゲップをさせてあげましょう。
また、授乳後にかかわらず、呼吸とともに空気を吸い込んでいることもあるので、そんなときは体内の空気を出してあげるといいですよ。

身体をあたためよう

赤ちゃんは身体が冷えることによって、横隔膜が刺激されてしゃっくりが出ることがあります。そのため、オムツが濡れていないか確認して、濡れている場合は、オムツを綺麗にしてあげましょう。また、おくるみやブランケットで赤ちゃんをくるんだり、室温や衣服を調節したりしながら、身体を冷やさないようにしましょう。
自宅にいるときは、沐浴でをして身体をあたためるのもいいですね。

水分補給をしよう

しゃっくりが出たときは、少量水分補給をするのもおすすめです。身体を冷やさないように、白湯や常温の水、ミルクなどがおすすめです。飲み過ぎると、かえって横隔膜を刺激して、しゃっくりが出やすくなることがあるので、2~3口飲むようにしましょう。

こんなしゃっくりには注意しよう

赤ちゃんはしゃっくりが出やすいので、機嫌が良い、いつもと変わらず元気が良いときには特に気にする必要はありません。自然と時間が経つとしゃっくりは止まります。

しかし、まれに、逆流性食道炎や、薬の副作用、アレルギー反応であることがあるので注意が必要です。

・発熱や嘔吐など他の症状がある
・元気がなくぐったりしている
・しゃっくりが止まらない

こんなときは、すぐに病院を受診しましょう。

さいごに

赤ちゃんのしゃっくりについていかがでしたか?この記事を読んで赤ちゃんがしゃっくりが多い理由が分かったり、心配せずに見守るようにできるようになると嬉しいです。たいていの場合は、時間が経てばしゃっくりは止まりますので、安心してそばで見守るようにしてあげてくださいね。

新生児の赤ちゃんが寝ない!!原因は?おすすめ対処法5選

赤ちゃんと目が合わない・・いつから合う?|目の発達や視力を解説

抱っこ紐専門店 キューズベリー

楽天でのご購入はこちらから

-産後の悩み, 育児, 赤ちゃんのこと