赤ちゃんのためにできること

悪露(おろ)とは?

悪露(おろ)とは?

悪露とは出産で剥がれ落ちた内膜や、胎盤、傷からの分泌物を含んだ子宮からの出血です。

子宮の収縮が進むにつれてだんだんと量や色の変化があります。
どのように変化していくのか、生理との違いは何なのか、注意することはあるのか等、産後必ず経験する悪露(おろ)について詳しく見ていきましょう。

悪露の変化

悪露は産後から大体1ヶ月から長くても2ヶ月程度でなくなります。産後すぐは、量も多く赤い色をしていますが子宮の収縮が進むにつれて量や色が変化していきます。
日数において個人差はありますが、どのように変化していくのかまとめてみました。

産後~3日まで

赤色
最も多い
特徴 血液が主、甘い・鉄のよなにおい、塊で出ることがある
対処法 産褥シーツの使用がおすすめ

産後4日~9日まで

褐色(濃い茶色)
中量
特徴 粘り気がなくなってくる、塊でなくなる
対処法 産褥シーツ/生理用ナプキン

産後2週間~4週間まで

黄色→白色
少量→ごく少量
特徴 クリーム状、妊娠前のおりものに似ている
対処法 生理用ナプキン/おりものシート

産後4週間以降

悪露のおわりに近づくと、量はごくわずかになり、白色や透明のものに色が変化し、やがて消失します。悪露が完全になくなるまでには個人差が大きくあります。

産後、一ヶ月健診のときに白色無臭なら回復は順調です。健診後の赤いおりもののほとんどは生理の再開か、機能性出血なので心配はありません。

一ヶ月以上経っても悪露の量が多い、痛みを感じたり状態に違和感があったりする場合は医師に相談するようにしましょう。

こんなときは受診しましょう

・悪露の色が汚い
・においがきつい
・痛みや発熱がある
・悪露がでない

このように悪露の様子がおかしいな、と思ったときには必ず医師に相談するようにしましょう。
子宮の感染症の疑いや膣炎(膣のなかで起こる炎症)になっている可能性があります。

さいごに

産後すぐは子育てに忙しかったり、自分の身体は二の次になったりにしがちですが、赤ちゃんの身体と同じくらいおかあさんの身体も大切です。
悪露の様子を観察したり、時には休息をとりながらご自身の身体もいたわってあげてくださいね。リラックスしながら楽しく子育てができますように!

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.