赤ちゃんのためにできること

時々、お腹の片側が痛くなるのはなぜでしょうか?

時々、お腹の片側が痛くなるのはなぜでしょうか?


子宮が大きくなるときに、左右全く対象に大きくなることは少なく、そのせいで片方の靱帯が引っ張られているのかもしれません。時々チクッと痛いくらいであれば様子見で大丈夫です。しかし、一部分がずっと痛い、違和感が改善しない、痛い部分が硬い場合は受診をおすすめします。

お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、おかあさんのお腹はどんどん大きくなりますよね。お腹のなかでは、それにともなっておかあさんの子宮が大きく伸びていっています。
妊娠前は左右対称であった子宮も妊娠すると、左右非対称になり大きさだけでなく形も変わってきます。
このときに靱帯が引っ張られることで左右どちらかだけが痛みを感じたり、下腹部、足の付け根が痛くなったりすることがあります。
子宮が大きくなることが原因でおこる腹痛は、おかあさんの身体や赤ちゃんの健康に影響するものではないので安心してくださいね。

お腹が痛くなるときはどんなとき?

妊娠中、お腹が痛くなることは珍しくありません。
子宮が大きくなり靱帯が引っ張られて痛みを感じることのほかにも、

・ホルモンバランスの影響によるもの
・便秘・下痢・身体の冷えからおこるもの
・腰痛からくるもの

などが考えられます。
これらも少しの時間で痛みがなくなるようであれば気にしすぎる必要はありませんよ。
腹痛が感じられたときはまずは安静にしておくことが一番です。ゆっくり身体を休めてリラックスするようにしましょう。

痛みを感じたときの対処法

お腹に痛みを感じたときには、安静になり痛みがなくなるのをまちましょう。
次のようなものも効果的ですよ。

・お腹や腰を冷やさないように注意し、あたためるようにする。
・横になるか楽な姿勢で身体を十分に休める。
・あたたかい飲み物を飲むようにし、身体の芯からあたためる。
・バランスのよい食事や質の良い睡眠など、健康的な生活を心がける。

妊娠中におこる腹痛はすぐに治まったり、軽く感じられたりする痛みであればあまり気にする必要はありません。
しかしこのような方法をとっても、なかなか痛みが治まらないときや異常が見られたときにはすぐ受診するようにしましょう。

こんなときには受診を

お腹の痛みの原因によっては、“切迫流産(妊娠が継続できるが流産の可能性がある状態)”や“子宮外妊娠(正常な妊娠が期待できるものの範囲外で妊娠している状態)”の危険性があるものもあります。
またそれだけでなく、妊娠中に他の病気にかかってしまうこともあり得るのです。

・激痛でなかなか痛みがおさまらないとき
・一部分がずっと痛い、違和感があるとき
・痛い部分が硬くなっているとき
・出血がみられたとき

このようないつもと違う痛みを感じられたときには迷わず受診するようにしましょう。
また痛みを感じたときには、痛むところ、感じ方、時間の経過などを覚えておくかメモしたりするようにして、お医者さんに相談することをおすすめします。

-赤ちゃんのためにできること

Copyright© cuseberry blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.